スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

海外から。。

友達もいないけど、海外から届きました。

PetroIMG_1578.jpg

なにも頼んでいないけど。

よく見ると。

PetroIMG_1579.jpg

ペトロマックスさんじゃないですか!

そういえば以前買い物したとき、今年初めてカレンダーを作るので、ペトロマックスの写真募集ってのが
あって、2-3枚Uploadしたんだけど、まさか使われた?

まあ、そんなわけもなく、参加賞ですかね。 でも結構嬉しいです。!

てなわけで全部写真とりましたので1月から12月まで全部UPします。

まず1月
なんだろ、ノブ?

PetroIMG_1580.jpg

2月

PetroIMG_1581.jpg

3月
現場か?

PetroIMG_1582.jpg

4月
食卓 停電か?

PetroIMG_1583.jpg

5月
公園。 なぜ昼間?

PetroIMG_1584.jpg

6月
モノクロのようなカラー

PetroIMG_1585.jpg

7月
街と軍用 マットとかいうんでしたかね。 色

PetroIMG_1586.jpg

8月
これは結構渋い。 タンクなんて潰れて、ガラスも割れても光るランタン。

PetroIMG_1587.jpg

9月
ペトロ3連

PetroIMG_1588.jpg

10月
夕暮れに

PetroIMG_1589.jpg

11月
おお! ラジエーター仕様

PetroIMG_1590.jpg

最後12月

やっと季節感が。。。ペトロかどうかわからないけど。笑

PetroIMG_1591.jpg

まあ、こんなもんかな? 季節感とかは全くなかったけど。
もうちょっと庶民的でもよかったかも。 キャンプの写真はまったくないから。

ちなみに、恥ずかしながら自分が送ったのは
こんな感じでしたが。
今回のコンセプトはビンテージっぽいので、却下されたのか?
まあ、その前に普通に落選していると思うけど。

IMG_7847.jpg

まあ、もらえて嬉しい。 花いちもんめ。


スポンサーサイト
Petromax(ペトロマックス) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/11/27 22:02

ペトロマックス プレヒーター 修理 ③

プレヒーター
穴を大きくしすぎて炎がでかすぎ。

Pre HeaterIMG_0888

このままほっておいて、アルコール余熱でがんばろうと思っていたのですが
アルコールが弱まるころバルブを開くと問題なく点火するのですが、
ちょっと炎が弱くなるとまたアルコールを足したりしなければ
なりません。

面倒なので、再度修理にトライすることにしました。

一応修理プランは、ニップルの下の穴に、なにか詰めて
ニードルで小さい穴を開けるというもの。 まあ素人考えですね。

だめもとでトライ。

ホームセンターでこんなものを買ってきました。

補修パテと針金。 0.38mm

PetroIMG_1077.jpg

PetroIMG_1078.jpg

うたい文句は

取り出して練るだけで簡単に使用できる。
カチカチに固まる(15分)
塗装ができる。
湿ったところや、水の中でも固まる
熱に強い(-30度から120度)

よさそうですよね。



PetroIMG_1079.jpg

2個入っていますが、使うのはほんのちょっと。

ニップルをはずして、ほんの少しこの灯油が飛び出す穴に詰めます。
で、ニードルで穴を開けました。

PetroIMG_1080.jpg

1日放置してテスト。
また火炎放射器かなとちょっとどきどきしながら点火すると。

VERY GOOD!

PetroIMG_1094.jpg

GOOD JOB! 俺!

いいじゃないですか!
いつまでもつかわかりませんが。

一応点灯

PetroIMG_1105.jpg


OKですね。

まあ、こんなもんです。
ちょっとガラスを割るのが怖かったんで、笑'Sのステンレスホヤでテストしました。

いいですよ。 笑's


【笑's】『割れない火屋リフレクター125』

【笑's】『割れない火屋リフレクター125』
価格:3,465円(税込、送料別)



一応言っておきますが、ガラスホヤのほうが明るいです。


ダブルタイマントルが結構あるので、最近はこちらを使ってますが、
本当はコールマンの11型が好きなんですよね。



ダブルタイマントルのほうが、間違いなく持ちはよさそうですが。

コールマンのマントル11はなんか2種類あるんですよね。
きめ細かいのと荒いのと。
細かいほうが好みですが。


Petromax(ペトロマックス) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/11/01 21:42

Petromax 余熱バーナー メンテ②

先日修理した(つもりだった)ペトロのプレヒーター。

前回のプレジャーフォレストでは使えませんでした。 アルコール余熱で問題はないのですが。。
調子がいいのであまりばらしたくは無いのですが、タンクの中も汚れているようで、
灯油を吸い上げると、結構ゴミがはいってました。

なんで、全分解掃除に思い切って取り組みました。
まあ、参考にもならないと思いますが、結構写真を撮ったので一応手順を。

まず、トップフードとホヤをはずします。

Pre HeaterIMG_0855

ここはどうでもいいのですが、黒いノブ、結構雰囲気でてかっこよくないですか?

Pre HeaterIMG_0856

一応ヴァボライザーと上部の隙間を確認しておきました。 ここでどうも空気と混ざり合うようですので。

Pre HeaterIMG_0857

いろいろ触るときにはこのニードルは下げておきましょう。
これを下げずにはじめのころは、ニードルを曲げることもありました。

自分のはオプションのプロテクションプレートをつけてますので、
こいつもはずします。 

Pre HeaterIMG_0860

ただ持ち上げるだけです。

Pre HeaterIMG_0861

プロテクションプレートをとると余熱カップが出てきます。
アルコール余熱何回かやりましたが、結構十分。 すすもつかないし。

Pre HeaterIMG_0862

ここはねじ一本でタンクとつながっています。 まあ簡単ですね。

Pre HeaterIMG_0863

はずすと、プレートと余熱カップが外れます。

Pre HeaterIMG_0864

あとは周りを持ち上げるだけ。
ほぼ裸。

Pre HeaterIMG_0865

どうせタンクの中を洗浄するつもりなので、ちょっと思いきった行動にでます。
実は、圧の減りも前回は早かったので、どこかでAIRがもれているんだと思い
それを修復するつもりで、空気入れで圧をかけます。
(灯油は入っていません。)

Pre HeaterIMG_0866

赤線手前まで。 空だと20回ぐらい必要です。空気入れつかっても。

Pre HeaterIMG_0869

前回プレヒーターをはずしているので、多分そのあたりかと思い。

バケツに沈めてやりました。
すると。。。

ヴァボライザーの付け根でも、プレヒーターの付け根でもなく、なぜかこの
圧力調整ねじの部分からプクプクとほんの少しですがAIRがもれています。 何で?

Pre HeaterIMG_0872

ねじは新品を買ってあったので、付け替えて見ましたが、直らず。
意味も無く、圧力計も分解してみました。

分解しても意味ないです。 ただちょっと汚れがふけただけでした。 (笑)

Pre HeaterIMG_0873

AIR漏れはねじを強めに締めたら直りました。 それまでは。。。
なんだよ、圧力計も輸入か? なんて真剣に悩んでましたが。

写真がないですが。。。
ヴァボライザーとプレヒーターをタンクからはずします。
まあ、ここは力技ですが。

Pre HeaterIMG_0880

プレヒーターの修理の前にタンク内の洗浄を。
ちょっと振ってみると、なんかからから音がします。

なにも入れた覚えは無いのに。。。

で、なかからはゴミと一緒に。。

Pre HeaterIMG_0876

なにかこんな鉄くずも。 なんだろ?
タンクの溶接バリのような。
小さいゴミも多かったです。

Pre HeaterIMG_0878

数回洗浄して、ドライヤーで乾かし、自然乾燥もいれて終わり。
水抜きとか面倒なんでやりません。

で、本題のプレヒーター
いくつかのパーツでできてますが、問題はニップルといわれるこいつと

Pre HeaterIMG_0885

その下にある、こいつ

Pre HeaterIMG_0887

これが曲者で、GENTOSの明かりでくっきりと3つ穴があいていますが、
全て詰まってまではいませんが、明かりが少しもれるくらいでした。

真ん中の穴から灯油が飛び出て、横の2つの穴は空気が飛び出ます。
そこで霧状になってその上のニップルから飛び出す仕組みです。 どうも

前回のキャンプでは、一応霧状の灯油はでるもの、どうみても薄く、
点火できなかったので、きっちりと穴を通します。

ただ。。。。穴は小さく、付属の煤落としも弱く。。。
そこらにあった裁縫用の針でつついてみたりしました。

まあ、きれいに穴は通ったので、再度組み立て。

早速鉛リングを使うはめになりました。 

で、テストです。 すると

Pre HeaterIMG_0888


やばいです。 燃えすぎ。 こいつは失敗かも。 穴が大きすぎなんですね。
まあ、そのうちまた詰まって普通になるでしょう。

当分はアルコール余熱で行きます。 泣

あとは人工的に穴を小さくするかですかね。 firegumでも使って。

Pre HeaterIMG_0890

まあ点灯はするのですが、ヴァボライザーも、その中のコンダクションロッドも結構汚れていたので
カーボンを落としてきれいにしたのですが、ちょっと燃えすぎ感が。。。

今回久しぶりにマントルサポートを使ってみたのですが、マントルが小さいですよね。
多分コールマンの11型ならきれいに燃えるのではないかと。 楽観的ですが。

プレヒーター自体はファロスでも売っていて
安いのですが、今在庫切れです。
これだけ個人輸入するなのも高くつくので。。。当分はいいか。

男はプラモデルを作るのが楽しかったり、こんなものいじるのが好きだったり
女の人からみるとろくなもんじゃないかもしれません。

先日テレビでいってました。 旦那は犬だと思えと。。。
で男の子はカブトムシだと。 

そうしないと、女子には理解不可能だかららしいです。

で結構!








Petromax(ペトロマックス) | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012/10/20 00:00

Petromax プレヒーター メンテ

毎度のことながら、大体なんかあるのがペトロマックス。
今回のキャンプではラジエーターとして使い、途中までは問題なかったのですが。

突然消えてしまい、調べるとどうもニードルが詰まった?ようでした。
いつでも修理用具は持ち歩いているので、その場でニードルとニップルを交換。

すると、今度はプレヒーターが動きません。 これはさすがにその場では直せなかったので
アルコールにて余熱して使いました。

アルコール余熱も結構良いです。 もうそのまま余熱バーナーなんて使えなくても良かったんですが
いちおうメンテ好きなんで、分解の上掃除してみました。

まあ、そんなに難しいパーツではないですが、なにしろ真鍮は弱いので、はずしづらい。

IMG_0633.jpg

下部の棒はタンクの中にあり、このあたりが怪しかったので、はずしてパソコンのダストブロー
できれいにしてみました。

IMG_0634.jpg

石油が古かったのかな? 

一応元通りにして完成。

IMG_0636.jpg

一応テストしてみましたが、問題なく着火しました。
まあ、本当にどうでもいいですが。



まったく楽しませてくれますね。 
実際メンテはちょっと楽しいかも。 

このあたりが好きじゃないとペトロは面倒なだけかも知れません。

Petromax(ペトロマックス) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/10/10 22:59

Petromax 部品輸入

HK150が調子が悪く、壊れてもいいやとかなり思い切り修理して、最後にロックタイトを使い
閉めなおしたらすこぶる調子よくなりました。

ただそれまでは、タンクをはじめ、新品を買いなおそうと思っており、
買い物かごにまで入れてました。 

新品とタンクはやめて、少し部品を輸入しました。 なにか買うならと
頼まれていた部品もあったので。

それが今日届きました。 やっぱり1週間ですね。 悪くないです。

Petromax3IMG_0457.jpg

箱つぶれているんですけど?

Petromax3IMG_0458.jpg

まあ日本と違い海外では外装箱は内装品を守るためにあるものなので、中身がOKなら問題ないです。

中身はこんな感じです。

Petromax3IMG_0461.jpg

まず目玉はクッキングトップ。



結構でかいし、しっかりしている。 

Petromax3IMG_0464.jpg

HK500にちょっと載せてみました。
本当はこれにラジエターと笑'sのホヤを使って、冬の暖房代わりにと思っていますが。
さて。。

Petromax3IMG_0476.jpg

ランタンだけでも結構な熱量があるので、真冬は厳しいとしても、ちょっと寒いときなんかは
いけると思います。 お湯も沸かせるし。 

まあ重いものは無理だと思いますが。 料理とか。



武井の301Aや501Aもそうですが、ガラスがあるとないとでは結構横への暖かさは違うみたい。
その点笑'sのホヤならあったかいと思います。

【笑's】『割れない火屋リフレクター125』

【笑's】『割れない火屋リフレクター125』
価格:3,465円(税込、送料別)



まあ、そのうち武井君は買いましょう。

でそのほか。。

HK150の割れてしまったハーフフロスト
懲りないね。 クリアは今つかっているのと、予備が一つ。
ただ今使っているのも、マントルの破れから一部溶けがありますので、その内割れるでしょう。

いまさらわかったんですが、マントルはいいやつを使いましょう。

Petromax3IMG_0465.jpg

あとは。。
なんていうんだろう。 バルブを回すやつ。
英語だとHandwheelというのですが。 それもちょっと色違いのクロ!
小さなこだわりですが。。 渋くないですか?

Petromax3IMG_0467.jpg

つけてみました。

Petromax3IMG_0483.jpg

Petromax3IMG_0482.jpg

まあまあいいですね。

実はこれがHK150についていたもの。
はずかしいのであまり見せたくないのですが。
ナットがつぶれまくり。。。笑
漏れを嫌ってFiregumを使ったのがまずかったみたい。 外れなくて。。

Petromax3IMG_0479.jpg

Petromax3IMG_0480.jpg

まあ目立つ場所ではないので、いいっちゃいいんですがね。

あと、頼まれもののニードルとニップル。
ニードルは自分の分も買っておきました。 
うっかりするとすぐ曲げてしまうので。

Petromax3IMG_0471.jpg

これはねじ。 エア抜きの。
問題はないですが、ついでに。

Petromax3IMG_0472.jpg

鉛ワッシャー。 これも安いので。
ヴァボライザーをはずすようなことがないことを祈ります。

Petromax3IMG_0473.jpg

こちらは頼まれたダブルタイマントルとミキシングチェンバー
今日本では買えるところがないみたい。 売り切れで。

Petromax3IMG_0466.jpg

でも在庫切れですね。

キャンプ行きたくなってきた。

Petromax(ペトロマックス) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/10/02 22:26
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。