スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

野沢温泉から志賀高原へ

ここ何年かは正月スキーは志賀高原へというのが定番でこのブログでもパターンが似てきているんですが。まあご勘弁いただいて。

今年も行ってきました。野沢キャンプから引き続き。



いつもの宿にいつものスキー場ですが、今年はちょっぴり違います。なにせ雪が無さすぎ。



焼額山も一部はこの通り。
みるも無残でした。

まあそれでもそれ以外は普通に楽しめたんですが、気温も高くってやっぱり春スキー?



あと違いと言えば、夏に使おうと思っていた長野の体験チケット。2500円で5000円分楽しめるってやつの期限がせまっていたので、息子に個人レッスンを受けさせました。



ポールじゃないレッスンは初めてじゃないかな。初めはとまどっていたようでしたが。

先生いわく体制がかぶりすぎると。
少しでもうまくなればいいのですが。

あと期限が切れる前に使えてよかった。
本当は千曲川のカヤック下りに使おうと思っていたんです。

おかげで午前午後のマンツーマンレッスンがこの券だけでまかなえました。



雪は少なかったけど、寒くもなく楽しめました。



急にアップがおおくなりましたが、これ全てスマホからあげてます。

PCより便利かも。
写真の圧縮にいつもの手間がかかるんですが、スマホからだととった写真選びながらできるので。


現実の時間に追い付けるかも。
とはいえまだ1月ですが。

滑走日数は7日

です。
スポンサーサイト
志賀高原 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/27 11:29

一の瀬大回転

4月12日 志賀高原まで行ってきました。
もちろんスキーです。 
この日は一の瀬大回転がありました。

土曜日は子供が学校で、東京から志賀って距離もあるし、日帰りはかなりきついので
学校終わりからの前泊という贅沢な大会参加になりました。

3時半ぐらいに東京をでても、志賀には7時半。
遠いです。 今回は素泊まりでした。 けど問題なかったな。
もう少し近いといいのですが。

今シーズンは結構長野に宿泊したので、長野にアパート借りてもいい感じに
もととれるんじゃないかな。

信州中野にアパート借りようかな。 真剣に。

で、大会ですが。。。

小学生の1,2年はバーン途中からというブログが結構あったので、その気でいたのですが
見てみると幼稚部以外はすべて大人と一緒でした。 ガーン。
一の瀬はホームゲレンデとはいえ、正面を上か滑ったことはあまりません。
数本じゃないかな。 滑れますが、レースとなると勝手が違います。

ちょうどパーフェクタコースから正面ゲレンデに合流する場所からのスタートです。

IchinoseDSC_0873.jpg

IchinoseDSC_0874.jpg

IchinoseDSC_0871.jpg

途中からとはいえ、結構滑り出しは斜度あります。

IchinoseDSC_0870.jpg

IchinoseDSC_0869.jpg

IchinoseDSC_0867.jpg


あと、バーンはカリッカリです。 息子が最近もっとも滑れてない固さ。。
今日は思い出作りだなと心の中で独り言をつぶやきました。

今年から、テレマークも加わり、テレマーク男子、女子、小学生1,2年、女子、男子と続きます。
あっという間に出番なんですが、息子だけかとおもっていたら、やっぱり小学生の1,2年なんて
同じようなもので、ふざけて遊んでいた子供が選手の横を滑り落ちていきました。
固いので止まらず第2ペアBの降り口あたりまで流れていきました。
転ぶと止まりません。 怒られただろうな。 あの子。 リフトまで歩いていって戻れただろうか。

できれば、このくらいのコースで入賞してもらいたいな。 親ばかとしては。
結果は言わずと知れた思い出作りでした。 一応完走はしましたが。
調子がでてきたのは緩斜面になってからでした。

IchinoseDSC_0865.jpg

この大会はさすがに長野の地元の子がほとんどで、東京からの参加は探すのが大変なくらいです。
あとさすがに大会運営もなれた感じで、各クラスが終わるとその30分後には表彰式が始まります。
6位までが入賞で、サクサク終わる感じでとれもいいです。

参加者はゼッケン乗車が可能なので、お財布にも優しいです。
一の瀬だけだと思いますが。

来年もでよう。練習して。

帰りに見たけど、遠くから見ると結構な斜面です。

IchinoseDSC_0879.jpg

スキーシーズンは取り急ぎ終わりです。
結局今シーズンは25日滑りました。 (レースもいれて)

結構滑りましたね。 

ワンピースも買う予定なかったのですが、結局買って、レース参加もして
やり始めると親が結構夢中になったシーズンでした。

来年はどこかの大会で表彰台に1回ぐらいのぼろう。

ゴルフみたいに通年できるスポーツじゃないのはさみしいですね。

総評すると、年末はプルークだったのが、少し板を揃えられるようになって
多少の上達はみられたものの、初戦の乗鞍でいい気になって滑り始めて
2旗門目で派手に転んだのが、トラウマになって、残りすべてのレースは
すべて滑り出しが慎重になってしまった一年でした。

まだまだ練習が必要ですが、エッジを使ったターンもまだできてないし、スピードにも乗りきれてないし
ましてや切り返しなんて全然できないし、課題は多いですが、楽しみながらレースを続けさせたいと思います。

親も。。。さすがに一緒にこれだけいっていると多少うまくなった感があります。 (もとが下手なので)
レースやってみたいな。。 

やっぱり信州中野に家を借りよう。 稟議書作成しなければ。(笑)




志賀高原 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/04/29 20:41

春休みの志賀高原

勝手にホームだと思っている志賀高原。
晴天率はそんなに高くないけど、さすがに3月はあまり外れたことがない。

子供も春休みだし、代休があったので、3月27日の金曜日を休んで2泊3日で再度志賀高原へ繰り出してきました。
どんだけスキー好きなのって感じですかね。

Shiga MarDSC_0794

3日ともピーカンでした。 おかげでゴーグルやけのタヌキのようになりましたが。

3月だとホテルも多少安く、直前でもとれます。
あと、リフト券は4月からは春スキー料金なのですが、この時期になると某ヤフオクサイトで
結構安くなっています。 

宿は一の瀬の目の前 ホテルホールスさん。



徒歩0分 ゲレンデ目の前で食事もおいしい いい宿です。
あと部屋もめちゃめちゃ広い。 広すぎ。

ただ、敷布団がよくない。 ちょっと真ん中が盛り上がった感じで寝てると転がり落ちます。
そろそろ新しいのに変えましょうよ。

それ以外は最高です。 あと連泊の場合 アメニティの交換をなしにすると、到着日のお昼ご飯券がもらえます。
これはいいサービスです。

で、スキーの話ですね。
今回 雪質はあまり期待してなかったのですが、さすが志賀高原。 10時ぐらいまでは結構気持ちよく滑れます。

下はヤケビへの連絡で一の瀬ダイアモンドから向かうところですが、よさげですよね。
このあたりは10時すぎて暖かくなってくるとザクザクになりますが。

Shiga MarDSC_0810

それでも結構楽しめます。

ただ寺子屋は結構よかったです。 日によりますが、到着日と翌日は良かったです。
まあ、人も多かったですが。 そこそこ。

みなさん、いい雪を求めて集まりますね。

Shiga MarDSC_0802

景色も最高です。

Shiga MarDSC_0801

ポールの練習もやっていました。 仲間にいれてほしかった。 

息子と奥さんと一緒にエッジを立ててターンする練習をしましたが、なぜかボーゲンが結構出てきてて。。。
悩ましいです。

あと2つ大会があるのに。。。 たんばらジュニアと一の瀬大回転。

それでも佐々木明さんの言葉を思い出し、スキーは楽しくと滑りまくりました。
3月後半でも全然いけますね。 

道に迷って新雪にいったり。。

Shiga MarDSC_0805

最高の天気のなか楽しみました。

Shiga MarDSC_0803

最終日はちょっと天気悪かったかな? 気温も高めで。

Shiga MarDSC_0806

滑走日数も21,22,23と一気に伸ばしました。 

学校のスキー教室もまだあったりして、そこそこ人はいました。 

Shiga MarDSC_0796

寝るんじゃない。 体柔らかいな。 おやじがやったら起き上がれない。

Shiga MarDSC_0795

今シーズン2回目の志賀高原でした。

志賀高原 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/04/13 23:24

野沢キャンプを終えてからの志賀高原

3泊4日の野沢温泉お正月キャンプを終えて、志賀高原3泊に向かいます。
その前に戸狩温泉で2泊しているので、すでに滑走日数は6日。
28日から休まず1月2日まで。 頑張りすぎ?

野沢温泉から志賀高原は1時間ちょっとかかりました。 雪も降っていて。
夕食の時間ぎりぎりにチェックインして、そのまま食事。

息子はお風呂にも入らずにバタンキュー。 やっぱりちょっとハードでしたかね。
翌日も雪が降っていたものの元旦ほどではなく、もったいないので息子と出撃です。

一の瀬からヤケビへ一直線。

Shiga 1-2DSC_0472

自分も結構疲れていて、足にきてましたが、息子は元気でしたね。
で、なぜか非圧雪エリアに突っ込むと。

Shiga 1-2DSC_0470

前日からの雪でパフパフでした。

これは検定用のポール。 幼稚部のころは勝手に入って怒られましたが
流石に大人になりました。

Shiga 1-2DSC_0510

Shiga 1-2DSC_0488

翌日も高天ヶ原や発哺ブナ、東館へ遠征したり、結構滑りましたね。


最終日は今まで一番の晴天。
ヤケビで一日滑りました。

Shiga 1-2DSC_0498


特に最終日は一番いい天気でした。

Shiga 1-2DSC_0515

Shiga 1-2DSC_0523

Shiga 1-2DSC_0485

この斜面で先に行けっていうので滑って降りたら、息子は非圧雪へ入って板がはずれて
助けてもらってました。  まだまだそういうところが少2なんだよな。


Shiga 1-2DSC_0484

あと、緩斜面はだいたいクラウチング。

Shiga 1-2DSC_0482

奥志賀へも行きました。

Shiga 1-2DSC_0479

お昼は初めてラーメン屋さんへ。
プリンスは西武なので、このお店は所沢にもあるらしい。
おいしかったです。

Shiga 1-2DSC_0522

年末年始で9日も滑りました。
昨シーズンは15日だったから、今シーズンは20日ぐらいいっちゃうんじゃないかな。

最後に一の瀬のゲレンデ
4月に一の瀬大回転という大会があるんですが、たしかこのあたりから。
小学生は。 だそうかな。

Shiga 1-2DSC_0532

車は結構埋まってました。
こんなに降ったかなって感じなんですが。

Shiga 1-2DSC_0536

1月の2日から3泊、 平日だったので帰りもガラガラ。
あと実は翌日も休みで、体を休めてから初出社しました。

こんなに長いスキー合宿は生まれて初めてです。 
遊んだ遊んだ。 って感じでした。

再度CX535でとった動画。 
ヤケビです。
動画編集はソフトお任せです。








志賀高原 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/02/11 22:59

志賀から西舘方面へ

2日目の志賀も快晴。
もう朝から飛ばしていきます。

いつもはヤケビ・奥志賀コースなので、今日は逆方向へ。
初の試み。

まずは一の瀬第3クワッドから。

志賀2回目DSC_0220

高天ヶ原へ向かいます。 まあ隣ですね。

志賀2回目DSC_0221

高天ヶ原もいいゲレンデですね。 朝早いからほとんど貸し切り状態。
息子と2人で駆け抜けました。

志賀2回目DSC_0224

で2本目。 高天ヶ原のクワッドに乗って再度ちょっと上の頂上へ。
東館山へ向かいます。
長野オリンピックのアルペンコースです。

志賀2回目DSC_0227

結構雪は固かった。

で、発哺ブナスキー場へ。
この辺までくると、結構きちゃったなって感じです。

宿があるんですが、車のタイヤが。。。ない。
このあたりの宿は道の近くに車をとめて、この車で送迎するみたい。


志賀2回目DSC_0229

発哺は一枚バーンの緩斜面が大きく広がっていて、板をそろえる練習にはいいかもしれません。

志賀2回目DSC_0231

志賀2回目DSC_0232

滑りおりると、右に西舘山、左にジャイアントとさらに広がっています。

広いなやっぱり。 恐るべし志賀高原。

ただジャイアントにはちょっと乗り継ぎが悪いので、西舘山へ。

「神田正輝CUP」っていう大会をやっていて、ちょっとだけみていたら
丁度フィニッシュした選手から話かけられ、

「神田正輝さん、あのテントの中にいるから、一緒に写真撮ってもらったいいよ。」
「すごく気さくなひとだよ」と言われました。

それならと思い、テントへ向かうと、いました。 神田さん。
息子を呼ぼうとおもったら、目もくれずすでに西舘山のリフト入口に。。。

志賀2回目DSC_0235

なんだよ。 と思いつつ、あきらめて西舘山クワッドへ。
こちらも長野パラリンピックの舞台となったコースですね。

ただ大会の為滑れませんでしたが。
西舘山から高天ヶ原へも行けるのですが、戻らず、西舘を滑り降り、
数本滑って、 再度発哺クワッドへ。

クワッドを降りると、すぐにゴンドラリフトがあります。
えらくかわいいコンドラで、4人しか乗れません。 クワッドと同じ。。

志賀2回目DSC_0236


志賀2回目DSC_0237

で、降りると
東舘山の頂上です。

志賀2回目DSC_0238

ここから寺子屋スキー場へ。

志賀2回目DSC_0240

一の瀬から直接いけるのですが、ちょっと横移動があって漕がなけれなりませんが、
ここからなら、一直線に行けます。

ここまで休みなし。

寺子屋はこのあたりでは一番高度が高く、2125mあります。
ヤケビがたしか2009mなので。

2月だと寒くってあまり行かないスキー場ですが、今回のなかでは一番雪質がよかったです。

志賀2回目DSC_0246

クワッドもボーダーが多くちょっとだけ混んでます。
大会も2つあったみたいでした。

志賀2回目DSC_0247

一本すべて、やっと休憩。
まだ午前中です。 (笑)

志賀2回目DSC_0253

寺子屋の雪と天気もよかったので、休憩後もここで滑りました。

遠くにヤケビがくっきりとみえます。

志賀2回目DSC_0250

すこしだけプチバックカントリも。
圧雪されてないバーンもあったりしたので、無謀にも息子と行ってきました。


志賀2回目DSC_0270

リフトしたも楽しかったんですが、目立つし、下手なので早々に逃げました。 (笑)

志賀2回目DSC_0265

で、お昼ご飯でホテルへ。

それでもまだお昼ご飯。。。
まだまだ時間があります。

そうこうしているとこんなものが。

志賀2回目DSC_0274

宿泊者限定のスタンプラリーです。
息子のモチベーションは↑

すでに寺子屋で一つ
あとは、一の瀬クワッドの降り場
ヤケビのゴンドラ降り場
極めつけに奥志賀ゴンドラ降り場

もう、ごはん食べてから、再度奥志賀遠征コースへいってきました。
滑りすぎ。 顔はこわばってましたが、膝が笑ってました。

日曜日は最後の奥志賀では天候も悪くなってきて、午前中の快晴も嘘のように。

景品もらって、終わりです。
ちょっとだけ帰り道にコブ斜面いきましたが、すいすい降りていく息子に待ってもらいました。

1泊の志賀でしたが、結構楽しかったです。

志賀2回目DSC_0272


ホテルホールスでお風呂をかりて、帰路へ。

滑走日数、11日、12日目でした。

翌週も3連休スキー合宿です。 

また、アップします。

志賀高原 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/03/29 00:16
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。