三度の上高地 シュノーシュートレッキング

3月の2週目。 三度の冬の上高地へ行ってきました。
すでに東京では3月だというのに20度近い気温で、とても3月とは思えない日が続いていて
早くも冬も終わりかななんて思っていましたが。

天気予報では土日とも晴れ。 気温も高く最低気温も1度とプラスの予報です。
金曜日の夜にWBCがあって、盛り上がりを見せていたので、寝不足気味での出発です。
5時半に府中IC近くで待ち合せて一路上高地に向かいます。

車は多かったものの、渋滞もなく沢渡には9時過ぎに到着。
アルピコタクシーは電話で予約したものの、1台しかないため、
先着のお客様を送り届けてからということで、15分ほど待機。

まあ、ちょうど着替えとか準備とかあったので、いい感じの待ち時間でした。
なんだかんで9時45分に釜トンネルに到着。

KamikouchiCIMG0595.jpg

いつもとちがい、大正池の護岸工事?とかで時折ダンプが走ります。
なので、歩道を歩きました。

しかし、しょっぱなからこの20分が一番つらい。

KamikouchiCIMG0596.jpg

出口が見えてくるとちょっとほっとします。

でると、。。。

KamikouchiCIMG0622.jpg

除雪はされているし、車はくるし、なんか趣がありません。 大正池までは仕方ないですね。

ただ天気は最高によかったです。 寒くないどころか暑いくらい。

焼岳もくっきり見えました。

KamikouchiCIMG0619.jpg

トンネルもきついのですが、出てから大正池までも結構な上りが続きます。
ハアハアいいなが歩くと。。。いつものように穂高連峰が出迎えてくれます。

KamikouchiCIMG0624.jpg

自分だけスノーシューをはきました。 大正池から。
去年は河童橋までつけませんでしたが、トレースはあるものの、雪も結構緩かったので。
ただ、なくてもふつうに歩けますが。

わざとトレースを外して歩いたりして、スノーシューを楽しみました。
ただ、体力は結構使います。 途中少し後悔しました。


うーん。 きれいだ。

KamikouchiCIMG0642.jpg

KamikouchiCIMG0657.jpg

ちょっとスタートも遅かったし、ゆっくり目で歩いたので、河童橋は1時ぐらい。
昼食と休憩で2時ぐらいに河童を出発。

目的地はまだ6㎞以上先の徳澤園。

河童橋付近には結構サルがいます。
木の皮をむいて食べてました。

KamikouchiCIMG0660.jpg

雪は本当に結構緩くてちょっとトレースを外れるとずぼずぼ埋まります。
一緒に行った人達は結構体力を消耗していました。 自分はスノーシューはいていたので
楽勝でしたが。。。

前回は食事は雪を溶かして水を作ったりしてましたが、どうもPM2.5や黄砂なんかの影響も心配なので
水もちゃんと持ってきました。 特に山登りのプロ?は5Lぐらい持ってましたね。
プラスなにを考えたかお米10合とビール3本、日本酒、とそれにホワイトガソリンも1Lもっていたので
85Lのザックがパンパンでした。 水類(含む燃料)だけで10Kgぐらいあったんじゃなかな?

そんなこともあり、明神についたころには、自分を除く3名はへとへと。
時間も結構かかっていて、ここからさらに徳澤園にいくと暗くなる可能性もあったので
今回はここでテン泊することにしました。

KamikouchiCIMG0663.jpg

すみません。 ただもう戻るものも進むのもかなり無理があったので
キャンプ場でもないところでしたが、テントを張りました。

KamikouchiCIMG0671.jpg

気温もプラスだったとは思いますが、さすがに雪の上なので、寒かったです。

で、今回もすき焼き! いやーおいしかったです。

KamikouchiCIMG0673.jpg

写真はないのですが、今回は小さいランタンも3つもあったので、8時過ぎまで
宴会をたのしんで、冷えてきたところで就寝。

こちらは山登りのプロのテント。 夏じゃないだからという薄さ。
でも、朝までぐっすりだったとか。 シェラフも+の軽いシェラフだったらしいのですが。

KamikouchiCIMG0675.jpg

夜は星がきれいでした。 ただ風もものすごく上空ではものすごい音がしてました。
ブオーン、ブオーンと。。

テントは森に囲まれていたのでなんの影響もなかったのですが。

翌朝は。。。
前日のごはんとお肉でチャーハンを作って食べました。 これも結構いけましたね。
持って行った野菜とお肉は使い切りました。

で撤収していると、ポツ、ポツと。。。なに? 雨?
って感じで雨が降ってきました。 そんな予報あったっけって感じでした。

歩き始めると結構は勢いになってきました。

KamikouchiCIMG0687.jpg

河童橋につくころにはびしょ濡れでした。 泣

KamikouchiCIMG0692.jpg

バスターミナルで休憩していたら、まだ上ってくる人も結構いましたね。 
雨は結構つらいですね。

そうこうしていると、みぞれに変わり、それから雪、吹雪と
目まぐるしく天気がかわりました。

KamikouchiCIMG0697.jpg

降りてくる頃には手袋もびしょびしょ。 変え持っていけばよかった。

降りてからは、坂巻温泉で入浴。 冷えた体もあったまります。

KamikouchiCIMG0701.jpg

帰りの高速も多少の渋滞はあったものの、ほぼ予定通りに東京へ。
まあ、楽しかったです。 やっぱり雪はいいですね。

スキーもいいけど、こんなトレッキングもなかなか楽しい。
もう雪シーズンは終わりかな。

残念です。 短いですよね。 1年のうち2ヶ月しかないなんて。
スポンサーサイト
上高地 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/03/13 23:47

小梨平から徳沢園

上高地スノートレッキングの続きです。
本当はスノーシュートレッキングとしたかったんですが、
スノーシューを履いたのは、全行程の中で、この小梨平から徳沢園までの6.4kmだけ。
それも、がんばればいらなかったかも。 それほど雪は硬かった。

トレースをたどれば、なんとか。 ただトレースは細いので、外れればずっぽりはまる。
小梨平での昼食は、チキンラーメン。 水がすくないので、けちけちつかったら
しょっぱかった。 
トレースを外れて、梓川のほとりまで歩いたので、ここでスノーシューを装着。
ほんの十数メーターを壷足であるいただけでも、はまりながらだったから結構体力をつかった。
スノーシューを履くと。。。 何の問題もない。 やっぱりこれだよね。

でもあと7kmというと、結構な距離。 夏でもかったるいかな。
2時間強あるかなければならない。

まあ。。がんばろってことで。 とぼとぼと歩きました。
明神まではなんとか。 45分。 

kami 9

文字もすべて見えているので、やっぱり雪は少ないかも。

kami 8
明神池にはよらず、やはり小休止で徳沢園まで。

ここからは結構辛かった。 あまり登りはないのだけど、無くはない。 これが疲れる。
1時間以上かかってもつかず。

kami 10

途中のなだれを乗り越え(ずいぶん前のです。)、きれいな林を抜け、ようやく川が見える場所にきたと
おもったら、遠くに橋が見える。 あの橋か? 結構あるな。なんて思いながら
歩くと、徳沢はどうも右に折れるらしい。(行ったことありません。

折れるとすぐに、
kami 11

見えた徳沢ロッジの看板。 その奥に徳沢園が。。。
すでにテントは3張り。 自分達が3張りで、そのあとグループが着たので、
9張りぐらいだったかな。 

夏にきたら、楽しそうなキャンプ場です。

早速スコップで雪を掘り、テントを設営。
借り物。 下のブラックダイヤモンドのビビイの人のサブテントです。

kami 12

こちらは残り2名テント。
kami 15



この冬ににこのシェルターで寝るなんて。 と思ったけど、効率はよさそう。
ただ荷物を外におかなければならないけど。

夜はなぜか、すき焼き。 同伴者いわく、キャンプみたいなものだから
豪勢に行きましょうとか。 片道12kmのスノートレッキングはどうも
キャンプだそうです。 

kami 14

こんなテーブルまで作り。 (もちろんビビイの人が作りました。)

kami 16

特上肉のすきやき。 山とは思えません。 ご飯は初めて試した『不思議なめしぶくろ』
なめしではありません。 不思議な めし袋です。
すみません。 ずーっと なめしぶくろと思ってました。


これは普通におコメをいれて、20分お湯で煮るだけ。 失敗なしという触れ込みだったので
アルファ米はまずいので、試して見ました。
結構いけます。 つまりいけます程度です。 そんなにおいしくはありません。
確かに芯はないけど、パックのご飯のほうがおいしいかな。
何回か試してみよう。

ご飯おわれば、寒くてやることはありません。 7時に就寝。
寝れず。。。8時、9時に時計を見て、やっと眠りに。
今回初めて雪キャンでナンガのオーロラを試しましたが、寝れました。

ただ、ダウンを着たままでしたが。

朝は5時に起き、これまたご飯をきっちり食べて、だらだら撤収をして
8時に出発。 

帰りは梓川を明神まで帰りました。 全面凍結の道を帰るのは結構気分がいいものす。
こちらもトレースがあったので、スノーシューなしで。

kami 17

途中小休止を何回かいれて、12時ぐらいにはすでに沢渡に。
坂巻温泉で外来入浴をし、塩尻の東山食堂で焼肉を食べて東京に戻りました。

多少渋滞もあったんですが、6時には自宅に。 
結構楽しいトレッキングでした。  
夏に家族で徳沢までいきたいな。 無理かな?

上高地 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/07 21:28

スノートレッキング 上高地-徳沢 その1

先日の2月26日から1泊で上高地へスノートレッキングに行ってきました!
冬の上高地はこれで2回目ですが、テン泊は初めて。

会社の山男二人に指導を仰ぎながら、楽しんできました。
二人は筋金いりで、一人は山小屋で一年働いていた男。
もう一人は冬の甲斐駒から、剣まで一人で行っちゃうような無謀な男。

ただスノーシュートレッキングと雪テン泊がしたかっただけなので
小梨でもよかったんだけど。
二人が、面白くないとかいって。 徳本へ行くとかなんとか。
遭難するので、なんとか徳沢で治めてもらいました。

実は。。。明神から先はいったことがありません。

東京を朝5時に出発。 渋滞もなくスムーズに沢渡へ到着。
8時過ぎだったかな。 沢渡のペンションしるふれいでスノーシューをかり、
予約してあったアルピコタクシーの営業所へ。

車も無料で停めさせてくれて、出発。
タクシーの運転手さんいわく、 このところ暖かく、昨日は雨がふっていたとのこと。
雪も少ないし、お客さんの話では明神ぐらいまではスノーシューなしでいけるとのこと。

あら、残念と思いつつ。。。釜トンネルに到着。
料金は2800円。

Kami 1

毎度のことながら、このトンネル。。かったるい。
約1.3kmののぼり。11%の勾配らしいけど。 スキーじゃ緩斜面。だけど登ると、悲しいくらい疲れる。
しかも真っ暗だし。
約20分のトンネルを越えると。。

kami 2

なんだ。結構雪あるじゃん。 でも前回よりは確かにすくない。
普通にあるける。

雪だと気づかないけど、大正池の見えるくだり坂までは、ここも結構な昇り。
はあはあ、ぜいぜいいいながら、登る。 運動不足はどうも否めない。

kami 3

そのカーブをまがると。。くだりで、多分この天気なら穂高が。。

kami 4

見えました。!
しかも汗だく。 山男二人は下着とアウターもしくは下着とフリースだけで歩いていた。 さすが。

小休止するだけで、そのまま田代池経由で河童まで。
kami 5
kami 6

kami kappa

9時に登りはじめて、11時ちょいすぎには河童についてちゃいました。
前回はたしか、ウエストン碑で12時を過ぎていたような。。。
はやっ!

そのまま休むこともなく、小梨平まで歩き、昼食をとりました。
kami 7

ここまでスノーシューなし。 雪はそこそこあるんだけど、結構硬く、踏み外さなければ歩けます。
小梨で、『梓川をみながら昼食をとりたい。!』という自分の希望で、道を外れたとたん、
もうスノーシューなしでは歩けないくらいでした。

天気もよかったんで、ゆっくりチキンラーメンを作ってたべ、いよいよ徳沢に向けて出発です。
ここで、トラブル。

トラブル1. バーナーの部品を忘れる。 ただ3人だと何の問題もなし。
       計5個ありました。(笑)
トラブル2. Thermosの水筒をタクシーに忘れる。これはちょっと痛かった。

全て自分です。 

小梨-徳沢はまだUPします。

ちなみに忘れたTERMOSは↓だけど



なんか山男二人はこれでした。 ↓
山使用とかなんとか。 ちょっと欲しくなりました。

上高地 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/01 21:04
 | HOME |