北海道 ④ 弟子屈 周辺

移動日は雨だったものの、翌日は快晴。
2泊なので、この日は一日屈斜路湖界隈の観光です。

とりあえず屈斜路湖へ向かいます。
屈斜路湖までは車で15分程度。 あっというまに着いちゃいます。
お目当ては砂湯。
若かりし頃バイクでこの砂湯キャンプ場にテントをはり、砂をほった記憶があります。
結構大きいキャンプ場ですが、14日ということもあって、もう満杯です。
湖沿いは所狭しと難民キャンプ場となっています。

DSC_0648.jpg

DSC_0649.jpg

ちょっと国道沿いだとまだ張れそうですでしたが。 桜ケ丘にしてよかった。

で、砂湯ですが、相変わらず有りました。

DSC_0304.jpg

湖もその温泉の影響か暖かい場所が点在しますので、北海道とはいえ結構泳げます。
沢山の人が海水浴ならぬ、湖水浴を楽しでました。

湖水浴を楽しだあとは、まるで池のようだからと名前がついた「池の湯」へ向かいます。
こちらも無料の温泉です。砂湯からは5分ぐらい?

DSC_0677.jpg

温度は結構高いので、屈斜路湖でジェットボードを楽しんだ人たちが、温まりに来てました。
脱衣所も一応完備されてますが、結構藻があるので、まあ、一回はいれば十分です。

そうこうしているうちにお昼の時間も近くなったので、水着を着替えて食事に向かいます。
基本的には結構いきあたりばったりなので、適当にと思い、和琴半島に向かいます。

和琴半島には「気持ちのいいキャンプ場」があるのですが、
どのブログにもお盆の時期は難民キャンプと書いてあったので、あえて避けたキャンプ場でしたが、
そのとおりでした。

DSC_0679.jpg

うーん。 人が通れるのかな?

DSC_0680.jpg

DSC_0681.jpg

一応偵察だけですが。
砂湯といい和琴といい、人が多くなければ間違いなくいいキャンプ場ですが、
ここまで多いとちょっと嫌になっちゃいますね。 せっかく北海道なのに。

ということで、ランチ場所を探します。
和琴半島を出ると、ログハウス ランチ SORAという看板が。
迷わず向かいます。

到着すると、ちょっと場違いな雰囲気が。

DSC_0683.jpg

まあ、せっかくなんでお邪魔した。
「ご予約のお名前は?」とか聞かれましたが、元気よく、「飛び込みです」と
問題なく通してくれました。

すごく広い広大な敷地に、レストランがあり、なかもログハウス系なのにちょっとオシャレな
感じのフレンチ?イタリアン?(よくこの辺はわかりません。)レストランでした。

DSC_0691.jpg

大変美味しく食事をしたあとは、ちょっとお願いして、庭に出てみました。

DSC_0688.jpg

DSC_0693.jpg


まあ、北海道という感じの手入れされた綺麗でしかも広大な庭でした。 (^^♪
キャンプ場にすればいいのに。

食事をしたあとは、どうしてもという奥さんのリクエストに答えて、
再度砂湯界隈の思い出探しです。

かえって来てから分かったのですが、奥さんが探していたのは
どうもこちらの温泉。
コタン温泉のようでした。

こちらも無料なのですが、池の湯よりは手入れがされており、源泉の温度が高い為
午後3時からの入浴となっていました。 朝入れて自然に温度がさがるのを
待つって感じですかね。


DSC_0311.jpg

その後硫黄山を見て(こちらの駐車場は有料ですが、摩周湖の駐車場料金と兼用になっているので
どのみち摩周湖をみるなら払っても損はないです。)

DSC_0706.jpg

川湯温泉の足湯につかり、

DSC_0699.jpg

都心の16倍もあるマイナスイオンを浴びまくり、

DSC_0696.jpg

最後に霧の摩周湖をみて終わりです。
2回目の摩周湖ですが、霧を見たことがないです。
ほんとうは霧のほうが稀なのでは?


DSC_0324.jpg

桜ケ丘に2泊目をして、明日はいよいよ知床です。

IMG_9802.jpg

IMG_9823.jpg

スポンサーサイト
桜ケ丘森林公園オートキャンプ場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/09/02 22:45

北海道 ③ 十勝から弟子屈

小雨の十勝を後に屈斜路湖へ向かいます。
距離は約150km 楽勝です。 が雨がやみません。 (T_T)

途中オネントー国設野営場を見たりしました。
野趣いっぱいのキャンプ場でしたね。 もちろん荷物は手で運びこまなければなりません。
ただ、時期もよかったので、結構キャンプしている人たちがいました。
ワイルドです。 ここは。

IMG_9772.jpg

IMG_9782.jpg

阿寒湖 カムイコタンをみたり

IMG_9783.jpg

IMG_9793.jpg

しながら、弟子屈と言う場所を目指します。
ここは屈斜路まで20分程度の場所にあり、今回のキャンプ場は
桜ケ丘森林公園オートキャンプ場という場所です。

実は屈斜路湖界隈には「気持ちのいいキャンプ場」もけっこうあるのですが
この時期はほとんど難民キャンプのようになっているとどのブログでもいって
いましたので、少し離れた場所を予約しました。 

結果は正解でした。

桜ケ丘は楕円形の芝生ふかふかのキャンプ場で、 真ん中の無駄に広い場所はフリーサイトでも
なんでもなく、ただ広いだけの広場?です。


IMG_9802.jpg

それを囲むようにサイトが設定されていますが、ここも結構広く値段も安いので
ここには2泊しました。

↓の写真ではMSRが貼ってありますが、これは2日目です。

IMG_9803.jpg

今回はいちおうコールマンのスクリーンタープももって行きました。 雨の場合を考えて。
こちらも大正解でしたが。

到着は午後でしたが、雨もやみ、2泊なのでこのスクリーンをはってしばらくすると
やはり雨が降ってきました。 というか、なにか追いかけて来た感じです。

このキャンプ場のサイトは広く、テントを張る場所がお相撲の土俵のように
一段高く鳴っています。 これがよかった。

このあと夜には結構な土砂降り。ただスクリーンのおかげと、この高台のおかげで
なんの心配もありません。 スクリーンの中は快適で、ただ雨の音だけがうるさいって
感じでした。

1日目はスクリーンのなかにホーラーを張り、就寝しました。 安心感が全然違います。

弟子屈近辺は温泉も多く、この日はまったりと過ごしました。

まあ、すでに分かっている話なのですが、翌日は気持ちよく晴れた為、1日めいっぱいつかって
屈斜路湖・摩周湖あたりを観光してきました。 

まだまだ続きます。

DSC_0642.jpg

桜ケ丘森林公園オートキャンプ場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/30 22:59
 | HOME |