スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

美瑛-富良野-小樽から新潟へ

北海道キャンプ旅行も最後は飛ばして行きます。
美瑛2泊のあとは小樽で1泊して新日本海フェリーです。

帰りは太平洋フェリーとも思いましたが、日曜発の夕方便がありませんでした。

美瑛・富良野は The 北海道って感じでしたね。
だいたいの方が思っているイメージです。

美瑛自然の村のそばには

皆空窯があります。 倉本聰の優しい時間です。

IMG_9974.jpg

懐かしかったんで、車を止めて写真だけ撮らせてもらいました。 弟子入りしたいくらいです。

あと、白金には

白髭の滝

IMG_9961.jpg

白金野営場

IMG_9956.jpg

リアカー完備です。
IMG_9958.jpg

IMG_9959.jpg

IMG_9960.jpg

ノーマークでしたが、いいキャンプ場そうでした。 美瑛自然の村よりテントを張っていた人は多かったです。

青い池
アップルのマックの壁紙にもなったらしい。
マックもってないので知りませんが。

IMG_9971.jpg

当たりが美瑛自然の村のすぐそばに点在します。

富良野は言わずとしれたラベンダー
まあラベンダーは季節があるのですが、今はその時期に合わせた花を咲かせているようです。

IMG_9978.jpg

IMG_9984.jpg

IMG_9988.jpg

IMG_9991.jpg

花がなくても丘陵地も気持ちいいです。

IMG_9976.jpg

で、適当に走っているとやっぱりジンギスカンだよね。となり、
「世界に一つだけの味」ひつじの丘を発見。
行かねばといってきました。

なにも考えてなかったのですが、到着すると富良野でも小高い丘の上にあり
ふと見るとキャンプ場が隣接してます。

星に手がとどく丘キャンプ場?
あら、期せずして来ちゃいました。

IMG_9997.jpg

ひつじの丘と同じ場所でした。
IMG_0015.jpg

天気がよければ星が確かに綺麗そうな場所でした。
ただ、どうでしょうかね。 さほど広くはなさそうでしたが。 

ジンギスカンは最高においしかったです。
なんでも2種類のお肉があり、どちらもいままで食べたジンギスカンより美味しかったです。
サフォークという種類が柔らかくおすすめです。 通常のお肉も本当に美味しいのですが。

IMG_0001.jpg

お肉を頼むとテントサイトまで配達してくれるようです。

そのあとはやっぱり倉本聰で。

森の時計
静かな大人の時間をすごすことにどうのこうのと、子供お断りのような感じでしたので
写真だけですが。

IMG_0021.jpg

時間があれば北の国から系も行きたかったのですが、あまり見てないし。
時間も結構いい時間なので、一路小樽に向かいます。

ナビ通りに走りましたが、南下して道東道が早かったかもしれません。

小樽はおたる自然の村のロッジ泊です。
翌朝は10時のフェリーだし、ほぼ寝るだけのつもりで。

ただここもオートではなく、5分ぐらい荷物を運ばなければなりまえん。
とはいってもおやつと寝袋・マットぐらいですが。

夜は小樽でお寿司。 温泉に入って、本当に寝るだけでした。
小樽市街から30分かからないくらいのキャンプ場で、森のなかにあるキャンプ場と言う感じで
学校の夏合宿みたい子供たちが結構いました。

ロッジも安く3000円
頑張れ、頑張れ。

DSC_0337.jpg

三角の小さいロッジでなかには電灯もありません。
テントの設備と同じですが、 寝るだけだし、サンジェルマンのLEDで十分明るいです。
あと、ちょっと古めに見えますが、中はフローリングで綺麗です。

IMG_0035.jpg

翌日は昨年ものったゆうかり
今年もビンゴが有りましたが、1位は取れませんでしたが、7位ぐらいで
商品はもらえました。 結構運はあるほうなんですね。 今回は息子がビンゴで。

船は快適です。
今年も3畳の和室。

布団に久しぶりに寝ました。 10時出航の翌朝6時着というなんだかわからないスケジュールですが
お昼食べたり、お風呂に入ったり、ゲームをちょっとしたりしているとあっというまに夜です。
早めに就寝して、5時起き。
IMG_0094.jpg

IMG_0098.jpg

IMG_0057.jpg

昨年も乗っているからわかるのですが、出航まではカモメと戯れられます。
前日かっぱエビせんをひと袋かっておき、 カモメに餌やり。
うまく上げれば手にもっているものを、うまくくわえてくれます。
ちょっとビビりますが。

IMG_0039.jpg

IMG_0073.jpg

新潟では朝食後、十日町の友達に合いにいき(去年と同様)、美味しいへぎ蕎麦をまたよばれてしまいました。
毎年すみません。

息子は久しぶりの友達だったので、それはもう大喜びでした。
やっぱり、このくらいの歳になると、家族よりもすでに友達なのか? 

まとめ
北海道の夏キャンプも今年で3年目。 
よくわからず、行きも帰りも高速をひた走った1年目。 ニセコサヒナがすばらしかった。

道北へむかった2年目。 フェリーの良さをしったのも去年でした。

今年は道東。 知床。 
北海道は冬にはキャンプできないので、この夏の季節にいくしかないのですが、
一応だいたい抑えたかと思います。

和琴半島キャンプ場や、美笛キャンプ場、クッチャロ湖キャンプ場とか
まだまだ行きたいキャンプ場はありますが、またそのうち息子が
もう少し自然に目が覚めた頃行きたいと思います。

来年は海外でも。 (^^♪

スポンサーサイト
おたる自然の村 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/09/09 23:28
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。