スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

山キャンプ 上高地へ 上高地から横尾編

宣言どうり、行ってきました上高地。
山キャンプ。

天気も良くて最高でした。いきなり河童橋からの穂高

登山用CIMG1807

雲一つない快晴です。 さすがに上高地。 東京は猛暑なのに結構涼しいです。
うーん。 うれしいかも。

実ははじめのプランだと、あずさに乗って電車で行こうとしていたのですが、
よくよく考えると、お盆の週の前週だし、たぶん車でいっても問題ないだろうということで
東京を5時過ぎに出発しました。

案の定高速はすいていて、9時前には沢渡へ到着。 駐車場もすいてました。
バス停上の駐車場へ停車して、9時過ぎのバスへ乗車。

9時50分上高地バスターミナルからとりあえず出発。

登山用CIMG1796

まだこの時点ではどこまで行くかは決めていません。

できれば横尾、無理なら徳澤って感じです。

自分はそれでも素人登山は何回かしたことが、あるのですが、奥さんもザック担いでの
登山は初めてで、息子も日帰り登山はあるものの、やはり荷物担いでの登山は初めてだったので
あまり無理をせず。。。と思いながら歩き始めます。

自分のザックも3人用のMSRを入れて、2泊3日分と予備食と水をいれると。。
かなりパンパン。 80L満載です。 重っ!

登山用CIMG1792

まずは登山届だ。。と思い歩いてビジターセンターへ。

登山用CIMG1819

「すみません。 登山届をだしたいんすが。」
「登山届はここじゃなくて、バスターミナルなんですよ。」

マジっすか。 いきなり失敗。 

もうここまできてまたバスターミナルまで戻るのも。。。
徳澤園終点かもしれないし。 

すみません。 そのまま行きました。

お盆の前週の朝10時でも、結構な人は河童橋にはいましたね。

登山用CIMG1817

ビジターセンターとなりは、小梨平。

やっぱりすいてます。

登山用CIMG1824

常設テントなんてあったかな?

登山用CIMG1823

てなことをしていて、いっこうに前に進みません。 (笑)

まずは明神を目指して歩き始めます。

登山用CIMG1827

明神までは普通にだれでも行ける場所なんで、観光客も多いです。みちも普通にきれい。

登山用CIMG1825

上高地へ一度でも行ったことある人は、だいたい明神までは散歩してみるのではないでしょうか?

明神へは11時10分に到着。

明神では小休止。 とはいっても20分ぐらい休んじゃいましたかね。

登山用CIMG1831

写真とったりして。

登山用CIMG1834

歩き始めの1時間は結構きついんだよな。 ただ涼しくて平地ってのは
かなり楽ですが。

一応涸沢が最終目的?ではあるので、次の目的地の徳澤園目指して出発します。
徳澤園までもほぼ平行移動なんですが、ここからは多少のアップダウンが出てきます。

大したことはないですが。

森の中を歩くので、直射日光も少なく、本当に気持ちのいい散歩感覚です。

登山用CIMG1842

明神から徳澤園は3.4kmですので、コースタイムは1時間ぐらい。

途中で10分ほど休み、森を抜ければ、梓川。

頑張れ。頑張れ。

登山用CIMG1849

さすがにまだ6歳なので、いいザックがありません。 ザックでかい。

気持ちよく梓川沿いをすこしだけあるくと、すぐに徳澤へ到着です。
まずは徳沢ロッジの看板が出迎えてくれます。

ここでキャンプ張ってもいいのですが。。。
徳沢ロッジでは外来入浴もできるらしいので、ふつうに気持ちよく過ごせると思います。


登山用CIMG1852



次に横尾・徳澤園こっちという看板が出迎えて、いよいよキャンプ場ですね。

登山用CIMG1853

公衆トイレも。 山用にしてはきれいです。 まあ匂いはしますが。

登山用CIMG1855

一泊500円。 
登山用CIMG1856

思いのほかすいてます。

登山用CIMG1857

牧場のフリーサイトって感じですね。 以前冬に来た時とはやはりちょっと
雰囲気が違います。

登山用CIMG1860


登山用CIMG1861

徳澤には12時40分着。 昼食ラーメンとお約束のソフトクリーム。
1時間の大休憩となりました。

登山用CIMG1858

ここで終わりにしてもよかったのですが、息子も奥さんももう少し歩けそう。
って、ことで、今日の最終目的地がやっと決まりました。
横尾までいってみよ!

その前に。

マウンテンハードウエアのカタログから抜け出したようなテント。
写真が小さくて見えませんが、氷壁の宿と書いてありますので
徳澤園の常設かな?

登山用CIMG1862

MICHIKUSA SHOKUDO
と書いてあります。 前にも来ているのですが。冬だったので、全然雰囲気が違います。
普通に食事がとれます。 

登山用CIMG1863

一応徳澤園も。
予約がいっぱいでとれないとの触れ込みのお宿です。
話のネタに泊まってみたいような。

登山用CIMG1864

では気を取り直して、あと1時間ほど。
頑張ろう!

少し歩くと新村橋が出てきます。
涸沢からこの新村橋へ降りてくるルートもあるそうなのですが、危険なエリアもあるらしく
今回は素通りで。 
徳沢へ向かう途中の梓川から見える橋ですね。

登山用CIMG1867

徳沢を13時50分にでて、途中小休止もいれながら、息子もちょっとだらけモードになりそうなところを
だましだまし。。
やっと着きました。 横尾。
15時20分。 

結構かかりました。
正式には横尾野営場って名前ですね。 
もう歩かなくていいとわかれば、テンションも上がります。

登山用CIMG1876

キャンプサイトは2つあって、横尾大橋の下と、今回はった横尾の入り口に。
なにも考えず、ついた場所に荷物おろしました。 (笑)
アップダウンは少ないとはいえ、2泊3日分の食料、テント、その他もろもろ担いで
11kmを歩くのは、結構大変でした。 

息子も奥さんも本当によく頑張ったかと。

登山用CIMG1872

それまで、結構お疲れモードの息子はなぜか、はしゃぎまくっていました。
元気じゃん。 まったく

登山用CIMG1875

上高地まで11kmだけど、槍も11kmか。
結構あるな。 

登山用CIMG1877

横尾山荘。 テン泊じゃないと楽だろうな。。

登山用CIMG1878

たぶん、こちらがお風呂。
宿泊者のみ。 外来入浴はありません。

登山用CIMG1884

橋の下のサイトのほう

登山用CIMG1879

結構こちらも広いです。

登山用CIMG1880

トイレと水場は自分たちが張ったサイトのほうが近いです。

登山用CIMG1885

うーん。 すでに感無量。
天気も良かったし、そんなに混んでないし。

食事はお米をたいて、レトルトカレー。 お米も結構おいしく炊けました。
朝も早かったので、暗くなると同時に就寝。

ここまで来たら、行くでしょう。 涸沢。

明日はこの横尾大橋を渡って。。。
「山においでよ!」の舞台へ。

登山用CIMG1910

スポンサーサイト
横尾野営場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/08/11 09:04
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。