スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

道志 大渡キャンプ場!

実はお盆の週は外して翌週1週間の休みをもらいました。
その1週間は息子のリクエストもあり、旅行へ。

ただその前の週末は暇だったので、軽くキャンプへいってきました。
とは言っても、月曜は朝早いし、軽くということになれば道志の森となるところですが、
いい加減芸もないので、穴場キャンプ場という大渡キャンプ場へ行ってきました。

場所は同じく道志ですが。

大渡CIMG2021

キャンプ場は道志渓谷キャンプ場を山中湖方面へ3kmほどいった左側にあります。
看板はみるのですが、いくのは初めてです。 左折してから急な坂道を下り
川沿いのキャンプ場で、道の音は聞こえないくらい下のほうにあります。

川はちょうどいい飛び込み台がいくつもあるようないい川遊びキャンプ場で
本当に面白いキャンプ場です。

ただ、サイト自体は狭く、車を止めて、テントとタープを立てられるようなスペースは
全くありません。 キャンプ場の管理人さんは大丈夫と言ってましたが。

大渡CIMG2033

MSRのホーラーと小川のヘキサでいっぱいです。どうすれば車まで止まるっつーんじゃってくらい狭いです。
上のヘキサの端からとなりのサイトになりますので。

(車は駐車上に無理言って止めさせてもらいました。)

とはいっても日陰で、涼しく、川もよく、すいていればいいキャンプ場だとは思いますが。
道志はどこも狭いんですが。

息子とさっそく川遊び。
水は冷たいです。 ただ、なれれば大丈夫。 長い時間でなければ。

大渡CIMG2098

キャンプ場は細長く、下のほうには橋もあり、その橋からの飛び込みが結構楽しいです。
高さは2-3mだと思いますが。 飛び込むにはちょっとだけ勇気が要ります。

大渡CIMG2111

まずは低いところから練習。

大渡CIMG2082

楽しめるキャンプ場ですね。
お盆の週の週末だったので、ちらりほらりあいているサイトはありましたが、まあ狭い。
難民キャンプ状態でしたね。

大渡CIMG2129

大渡CIMG2032

荷物を運び込む中洲のサイトもありますが、木陰がまったくないので、炎天下のサイトです。
日帰り用なのかな?

大渡CIMG2030

大渡CIMG2125

釣りもできるようでしたが、釣れんのかな?

夜はBBQで。
みなさん暗いランタンでしたが、一人だけ大光量のランタン2つで。

大渡CIMG2100

あ、そうそう。 初めてですが、マントルチューブが落ちました。
ミキシングチューブが広がったわけではなく、緩んでおちたようでした。
時折緩みチェックが必要ですね。 

大渡CIMG2107

撤収後の写真を。
どう考えても無理なんだけど。 うちのセットを立てるのは。

大渡CIMG2131

あと値段も結構いい値段します。
ひとり500円の入園料が一日あたりかかりますので、×2
プラス駐車料金が一日あたり1000円 これも×2
でテントサイト台が1000円
6000円ぐらい払ったような。 高っ 高規格サイトなみの値段です。
ゴミ持ち帰りなのに。

それに1日あたりの料金をはらっているのになぜか延長するにもお金がかかります。
1時まで1000円、4時まで2000円。 うーん。 なぜだ?
サイト代ってことなのかな?

狭いのをなんとか許せば、川遊びにはいいキャンプ場なんですが、いかんせん高いよね。

10時に帰るのはなんなんで、1時までいましたが。

もう少し広くして、安くしませんか?
そうすれば、一年通して人が集まるいいキャンプ場になると思いますが。

大きなお世話かな?

最近はMSRのホーラーばっかり使っていますが、夜寝るるには十分です。
ただ、着替えなんかは不便なので、コールマンの400EXをつかいますが
小川のスクリーン狙おうかな。 







400EX結構ぼろぼろなんで。




スポンサーサイト
大渡キャンプ場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/08/25 00:35
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。