新穂高ロープウェイから西穂へ

3連休の中日は山歩き。
新穂高から西穂へ向かいます。 

槍とんがりすぎ。 丁度ロープウエイを降りた展望デッキよりとった写真です。
雪降ってるし。

NishihoCIMG2854.jpg

話は戻って。
平湯キャンプ場から新穂高ロープウェイまでは20分ぐいらい。
朝6時にキャンプ場を出発しました。

一番いい季節だし、天気もいいし、激混み必死と思い、早めに出ました。
以前このロープウェイは真冬に乗ったことがあるのですが、2本あり、
今回は2本目か乗る予定でしたので、鍋平駐車場へ向かいます。

ちょっとここで失敗。
鍋平駐車場へむかうと、駐車場こっちと右に折れるところがあり、迷わずそちらに向かいました。

早くも駐車場はいっぱいで、その先の原っぱに止めることに。
まあ、別にいいのですが。

すると、一緒にいった友達からは、駐車場へ入るのに並んでいるとのメールが。
意味不明です。 並ばなかったし、すんなり入れたのにと思い、交通整理のオジサンに聞いてみると

こちらは無料の駐車場で、有料はもう少し上にあると。 
15分ぐらい歩けばつきますって。

あら、そうなんだ。 ただ有料のほうは夜はしまっており、朝にならないと入れないそうです。

すでに止めちゃったし、いまから行くのもなんなんで、あきらめて歩くことに。

ただ大したことなかったです。

NishihoCIMG2832.jpg

子供は張り切っているし。 
時間は朝の7時ぐらいでしたかね。
結構寒かった。

NishihoCIMG2835.jpg

で、有料駐車場へ止めた友達と合流して、ロープウェイへ。
8時からなのですが、7時半すぎからすでに動いているようでした。

たいして待たずにのれ、7分で西穂高口へ。
支柱を通るとき、結構揺れて子供は大喜びでした。

NishihoCIMG2838.jpg

水場もありますので、下から汲んでくることもありません。

NishihoCIMG2841.jpg

いやいや、寒いけど、晴天です。
雲一つないとはこのことですね。

NishihoCIMG2837.jpg

さて、今日はどこまでいけるか。。。できれば独標ぐらい行きたいな
なんて考えていました。

子供達も相談しているようです。 西穂までいっちゃおうぜ。
なんて。 ありえないな。(笑)

NishihoCIMG2843.jpg

西穂山荘までは、コースタイム1時間半ぐらいですね。
はじめは緩やかな登りで、最後山荘まではそこそこ登ります。

途中雪が。
はじめは霜か?なんてみんな言っていたのですが、笹の上にはさすがに霜は降りないでしょう。
雪でしたね。 初雪です。

NishihoCIMG2858.jpg

そうこうしていると、山荘につきます。

NishihoCIMG2861.jpg

メモとらないので、時間忘れましたが、コースタイムぐらいだった思います。
8時20分ぐらいに出発したので、10時ぐらいでしたかね。
出発時間も定かではないので。。。(笑)

結構人がいました。テン場が狭いので、張り切れないんじゃないのかな?
詰めてはってくださいとアナウンスが流れていたくらいでしたから。

NishihoCIMG2865.jpg

ちょっと大休止しちゃって、さあ行こうかって向かったのが11時ぐらいでした。
一緒に上った友達家族の中ではなんと一番に。

NishihoCIMG2867.jpg

ここからまずは丸山を目指します。

いきなり高度を上げます。
こんな楽し気な岩場の道をあがって。
普通の登りと違って、子供は結構楽しそうでした。

NishihoIMG_0039.jpg

あっというまに山荘が真下に

NishihoCIMG2874.jpg

しばらく上ると稜線にでます。下に見えるのはロープウェイ乗り場(降り場)です。

NishihoCIMG2883.jpg

丸山までは山荘から20分ぐらいですかね。

上高地の大正池も見渡せます。

NishihoCIMG2877.jpg

丸山付近から独標へ向かう最後の登り。
かなりの人が登って向かってます。

NishihoCIMG2881.jpg

丸山到着。

NishihoIMG_0027.jpg

ただ、友達もだれも来ず、家族だけで、しかもきれいに稜線の登りが見えると
子供の心も結構折れてしまったみたいです。

この登りが見えなければ、だましていったのですが、もう降りて山荘へ戻りたいと。
そうだよね。 友達だれも来ないし。。

自分も奥さんもまだ全然行けたのですが。。。
泣く泣く戻ることに。

途中、登ってくる友達家族にも会いましたが、いったん降りると、再度上るってことには
ならず、来た道を通って、山荘へ。

山荘から西穂高までは2.4km
近い。 友達のパパ達は向かってました。

NishihoCIMG2870.jpg

山荘のウッドデッキで、ラーメンを作ってだべて、下ります。

1時過ぎだったかな?

みんなに、もう降りるの?って聞かれましたが、山も上ったし、ごはんも食べたので
ロープウエイが混まないうちの戻りました。

ちょびっと不完全燃焼。

山を下りて、平湯の森の温泉へ。

で、時間も早かったので、キャンプ場へ戻り、ちびストーブを焚いて、晩御飯。

最後の夜も更けていきました。

翌日はだらだらと撤収して、お昼ご飯をたべていたら12時すぎて出れなくなっちゃいました。
平湯キャンプ場はパーキングチケットでゲートをくぐるのですが、きっちり時間でやっているのだと
わかりました。

ただ、チケットをもってくと、再度調整して出れるようにしてくれます。もちろん追加料金はなしで。
3時、4時だとわかりませんけどね。

寒かったけど、天気も良くて、キャンプ場もよくて、ストレス発散できた3連休でした。

最後にいくつかキャンプ場のサイト写真を

NishihoCIMG2907.jpg

NishihoCIMG2908.jpg

NishihoCIMG2911.jpg

11月15日までやっているようです。

いや、いいキャンプ場だ。 森、山、上高地、新穂高、温泉。
全部ある感じ。

混んでるときはどうかわかりませんが。(まだ少しトラウマが。)


今年はあと2回ぐらいかな。 キャンプ。
薪ストーブも年2-3回ぐらいはつかってあげないと。




スポンサーサイト
平湯キャンプ場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/19 23:17

2回目の平湯キャンプ場

今回で2回目になる平湯キャンプ場。
先日の10月の3連休で行ってきました。

看板は平湯野営場となっていますが。

HirayuCIMG2826.jpg

ここもほんとうに気持ちいいキャンプ場シリーズです。
Forest部門で65点の広くていいキャンプ場です。

ただ。。。実はあまりいい思い出がなく、かなりトラウマになっているキャンプ場でもあります。
思い起こせば2009年のリーマンショックのあとのシルバーウイーク。
200サイトぐらいのこの広いキャンプ場に400組ぐらいのキャンパーが集結し
すこし車で出かければ、車を止める場所にもテントが張られ、道にも張られて
結構いやな思いをしたキャンプ場でもありました。

夏は200組の予約制らしいのですが。 

ただ、さすがにシルバーウイークのようなことはなく、サイトはほとんど埋まりましたが、
土曜の午前中にはいくつかのサイトも空いてました。

今回はちびストーブを持ってきました。
東京は半袖で過ごせるのですが、さすがに平湯。 持って行って正解でした。

何年か放置してあった薪も一緒に。 (笑)

HirayuCIMG2814.jpg

初日はそこそこ寒かったので、昼間から。
明るいのにカルシファーにお出ましいただきました。

HirayuCIMG2815.jpg

知らない人はいない?と思いますが、ちなみにこんな人?です。
悪魔だったけかな?


a0211075_22154373.jpg

ちびストーブはやっぱり暖かい。 手間はかかるけど。
出番も少ないけど。 1年に1回か2回。


お昼ご飯は久しぶりにパンなぞを焼いてみました。



簡単だけど時間がかかるのが難点ですね。
一次発酵

Hirayu-iphoneIMG_0005.jpg

二次発酵の写真なしですが。

いきなり焼きの写真
やっぱりダッジオーブン料理だけを考えると、焚火台はSで十分です。
軽いし。

HirayuCIMG2804.jpg

で完成。 いいじゃんか
練ったのは自分ですが、成形したのは子供達でした。
いつも六個ぐらいでいくのですが、今回は九個も。

Hirayu-iphoneIMG_0006.jpg

おいしかったです。 時間がかかるけど、食べるとあっというまです。


秋深しって感じではまだなかったですが、今週ぐらいは見頃でしょうね。 紅葉。

HirayuCIMG2812.jpg

家族6組ぐらいでいったのですが、さすがに大宴会場をつくるスペースはなく
今回の食事は家族でということに。

到着日は朝早かったこともあり、昼寝をしてまったりと過ごしました。

O家のGO Lite

渋いですね。

HirayuCIMG2809.jpg


HirayuCIMG2808.jpg

夕方にはサイトはほぼ満杯。

バイクのキャンパーも多いです。

写真のとんがりテントからは煙突もでているような。
この薪ストーブも結構見かけるようになりましたね。

HirayuCIMG2828.jpg

夜は今年初めてのペトロマック150

HirayuCIMG2818.jpg

点くかどうか心配だったのですが、見事に点火してくれました。
ペトロの150は小さくて軽くてそのうえ明るくていいですね。
結構お気に入りです。


もちろんコールマン639Cはなんの問題もありません。頼れるやつじゃ。

HirayuCIMG2821.jpg

煙突の夜は更けて。。。っていう前に寝ちゃいましたが。

HirayuCIMG2823.jpg

だって寒いんだもん。 

あ、そうそう、前回かった+8度が体感できるReactor
初めて使ったけど、結構あったかかったです。+8まで行くのかどうか疑問ですが。

reactorIMG_3487.jpg

明日は新穂高からの山登りです。 続きます。

GOLITEのタープはやっぱり売ってないのかな?
シャングリラはたまにみますが。




ちびストーブも値段上がっている? 
ニッキュッパって。。。自分が買った倍だ。



修理が好きな人にはこちらを。 (笑)

平湯キャンプ場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/16 23:46
 | HOME |