スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

四国キャンプ 2日目

太鼓の鼻のロッジでぐっすり就寝して、前日の疲れをいやした翌朝は、6時起床。
で、7時過ぎには撤収です。 はやっ

テントではないので、撤収も早いです。 今回は7泊の予定なので、バンガローや民宿も泊まります。

朝ごはんは。。。うどん! 今回の楽しみの一つですが、朝からやっているうどんやさんも結構限られます。
一発目のうどんは、中西うどんさん。

おいしかったです。 勝手もよくわからずおのぼりさん状態で注文しました。
四国は自分で湯搔くんですね。(漢字あってるかな?)

IMG_0387.jpg

おなかもいっぱいになったので、金毘羅山にむかいます。
名前だけは聞いたことありますし、歌も知ってます。 こんぴらふねふね。。

上るのは初めてです。 
金毘羅山周辺には駐車場も結構あるので、初めての人も問題なく止められると思います。
朝も早かったので、ガラガラでした。

参道は愉しげな、おいしそうなお店がいっぱいあります。
途中のお店では無料の竹杖を貸してくれます。
自分たちももれなくお借りしました。 お土産は買いませんが。

20160430_092346 - コピー

階段途中にもお店がいっぱい立ちならんでいますので、飽きることなく登れます。
標高も上がります。

IMG_0390.jpg

20160430_093956.jpg

なんか高尾山を思い出します。 
どのくらい歩いたでしょうか? 
あまり疲れることもなくお参りする場所につきました。

20160430_094006.jpg

勉強不足で、申し訳ないですが、小銭はいっぱい用意した方がいいかと思います。
頂上までには賽銭箱がかなり出てきます。笑
本宮到着から奥社まではさらに上ります。
イメージではもう半分登る感じです。

IMG_0395.jpg

奥社到着。

20160430_104820.jpg

景色もいいです。 天気も。

20160430_104805.jpg

ちょっと気づいたのですが、金毘羅山に来るまでにも、いくつかピラミッドみたいな山がありました。
本当にきれいな形だったので、ひとの手で作ったかのような。
その辺もなんか、パワーを感じますね。

で、参拝して、おみくじを引いて下ります。 さすがに下りは楽です。 

下った後は。。うどんです。 またか。って息子は言ってましたが。

明日は愛媛松山、そのあとは四万十まで一気に移動するので、うどんのチャンスはもうありません。
なので。

山下うどん。さん
車で10分ぐらいだったかな? 忘れましたが。

20160430_121614 - コピー

炭水化物取りすぎです。 血糖値が上がります。
どこで食べてもおいしいです。

ただ、体にはよくないかと。 四国って肥満率トップなんだよね。
たしかに、朝からうどん食べていれば、そうなるかも。 すみません。 批判しているわけじゃないです。
うどん。 さいこー

食事おわってもまだお昼過ぎです。
本日のメインイベントは終わりましたが。

なので、このあとはマチュピチュへいきます?
東洋の。

マイントピア別子という住友が運営していた銅山で、現在は観光スポットになっている
歴史ある場所です。

江戸時代から続いていたそうな。
トロッコ電車にのっていくと銅山の中に入れます。
中にはジオラマや、昔の道具なんかがあって、結構楽しめます。

IMG_0404.jpg

IMG_0416.jpg

IMG_0405.jpg

あと、ここからバスがでていて、その東洋のマチュピチュへ行けるのですが、さすがに時間はなかったので
今回はここまで。

今日のお宿に向かいます。

宿は、石鎚ふれあいの里
本日もコテージです。 それも安い。
昔学校だった場所がキャンプ場になっていて、校庭がキャンプ場です。
この日も数組のキャンパーがテントをはっていました。

自分たちはコテージですが、学校の部屋に泊まるわけではなく、ちゃんとした部屋です。

20160430_165709.jpg

部屋もきれいで、お風呂とトイレも完備です。 入りませんでしたが。(大浴場もあるんです)

20160430_165713 - コピー

値段も安いし、きれいだし、ちょっと学校跡地ときくと怖い感じがしましたが、まったくそんなことはなく
いい場所でした。

明日は松山を観光して、四万十へ向かいます。

(終わらないな。 このペースじゃ)




スポンサーサイト
石鎚ふれあいの里 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/06/23 10:25
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。