スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

青木湖ボート遊びと栂池自然園

北海道からかえって来てもお疲れ休みで2日程休み子供と一緒に北海道ではできなかった
プール遊びに行ってきました。 夏のプールは楽しいですね。 子供には。

で、その週末、間髪入れずに再度白馬までキャンプに行ってきました。
どんだけキャンプ好きだって感じですね。
ほんとうの目的は栂池自然園のプチトレッキングでしたが、いいキャンプ場をさがしていたら
気持ちいいキャンプ場シリーズの青木湖北村キャンプ場があったので、友達には無理いって
こちらにしてもらいました。

看板は寂しげですが。

DSC_0762.jpg

キャンプ場は車は乗り入れられますが、設営後はちょい上の駐車場に止めなければなりません。
徒歩1分程ですが。 この坂の下にサイトがあります。

DSC_0761.jpg

青木湖にはいくつかのキャンプ場があり、北村はその中でも一番奥まったところにあります。
8月の最終週ということもあってか、テン泊は自分達だけ。
ただ、お隣のキャンプ場は結構テントがありましたので、意外と穴場なのかもしれませんね。

IMG_0122.jpg

ロッジもいくつかタイプがあるようで、こちらには何組か泊まっていました。

IMG_0123.jpg

一泊の天気も良さげだったので、北海道そのままのMSRのホーラーで。

IMG_0125.jpg

テントサイトは区画はなくフリーです。 ただほぼ全体的に斜面になっていますので
寝るときは足が下にくるようにちょっと配慮しなければなりません。

トイレは昔ながらぼっとん系ですが、管理人さんの手入れがよく、清潔なトイレです。

青木湖は透明度が非常に高く、(日本で第9位-気持ちいいキャンプ場から)
また、カヤックはカヌーのメッカであります。 多分
いっぱいやっている人がいたので。

IMG_0128.jpg

IMG_0138.jpg

一応道志用に買ったゴムボートを持っていきました。
結構楽しかったです。 ただ川やプールと違い、まあ深い。
足なんて全然つきません。

水も冷たくなかったです。 道志の森に比べればですが。

子供達はライフジャケットを付けているので、お構いなしに泳いでます。
はた目だと結構怖い感じ。足なんて大人でもつかないほど深いので。

IMG_0116.jpg

ボート遊び結構いけてます。 3000円もと取りました。

IMG_0109.jpg

早めにお風呂にいって、夜はまったりとごはん。
しかしペトロマックスHK150は不調。

一緒にいったO家のペトロも不調。 こちらはガスチェンバーが広がって脱落するという
ありがちな症状なので、取り替えれば問題ないと思いますが、自分のきついですね。

自分のペトロHK500とO家のヴェイパラックスは問題ないので、困ることはなかったですが。

DSC_0759.jpg

翌日のトレッキングに備えて、この日は早めに就寝。

翌日。 栂池からゴンドラリフト→ロープウエイと乗り継ぎ、
栂池自然園へ。

いい天気です!
IMG_0161.jpg

DSC_0763.jpg

自然園のなかは木道になっており、あと平坦な道なので、結構歩けます。
普通に散歩みたいな感じで来ている人も結構いました。

IMG_0186.jpg

行きはよいよいですが。。
1時間もあるくと結構疲れます。 往復2時間。
あと少し行けば白馬大雪渓がみれるらしいのですが。。。
子供の体力を考えて、断念しました。

IMG_0198.jpg

自然園の手前に登山道があり、白馬大池まで4時間半とあります。

DSC_0767.jpg

白馬岳は大雪渓から登ったことが2度ほどあるのですが、猿倉-白馬岳-遣温泉のコースなので
この白馬大池はいったことが有りません。 一度行きたいものです。

栂池ヒュッテで休んでいると、小さいザックで白馬大池方面から降りてくる人もいて
小屋泊まりだと、荷物も小さくて済むのでそれはそれでいいかもしれません。
もちろん、この栂池ヒュッテにも泊まれますし、4時間半歩いて白馬大池の小屋に泊まり
さらに白馬岳目指すというゆっくりコースも取れなくはないので、時間とお金に余裕が
あれば、いいかもしれません。


それはそうと、一度山キャンにいきたいので、ザックを買いたいのですが。。。
あと靴も。

60-70L程度のいいやつが欲しい。 またもや物欲が。


【 GREGORY 】   palisade 80

【 GREGORY 】   palisade 80
価格:44,100円(税込、送料込)





家族でいくとなると、子供は戦力外だし、あまり歩けないから、やっぱり60-70Lは必要だろうな。
今年一回小梨平あたりとおもっていたけど、来年かな。


スポンサーサイト
青木湖北村キャンプ場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/09/11 22:33
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。