スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ペトロマックス プレヒーター 修理 ③

プレヒーター
穴を大きくしすぎて炎がでかすぎ。

Pre HeaterIMG_0888

このままほっておいて、アルコール余熱でがんばろうと思っていたのですが
アルコールが弱まるころバルブを開くと問題なく点火するのですが、
ちょっと炎が弱くなるとまたアルコールを足したりしなければ
なりません。

面倒なので、再度修理にトライすることにしました。

一応修理プランは、ニップルの下の穴に、なにか詰めて
ニードルで小さい穴を開けるというもの。 まあ素人考えですね。

だめもとでトライ。

ホームセンターでこんなものを買ってきました。

補修パテと針金。 0.38mm

PetroIMG_1077.jpg

PetroIMG_1078.jpg

うたい文句は

取り出して練るだけで簡単に使用できる。
カチカチに固まる(15分)
塗装ができる。
湿ったところや、水の中でも固まる
熱に強い(-30度から120度)

よさそうですよね。



PetroIMG_1079.jpg

2個入っていますが、使うのはほんのちょっと。

ニップルをはずして、ほんの少しこの灯油が飛び出す穴に詰めます。
で、ニードルで穴を開けました。

PetroIMG_1080.jpg

1日放置してテスト。
また火炎放射器かなとちょっとどきどきしながら点火すると。

VERY GOOD!

PetroIMG_1094.jpg

GOOD JOB! 俺!

いいじゃないですか!
いつまでもつかわかりませんが。

一応点灯

PetroIMG_1105.jpg


OKですね。

まあ、こんなもんです。
ちょっとガラスを割るのが怖かったんで、笑'Sのステンレスホヤでテストしました。

いいですよ。 笑's


【笑's】『割れない火屋リフレクター125』

【笑's】『割れない火屋リフレクター125』
価格:3,465円(税込、送料別)



一応言っておきますが、ガラスホヤのほうが明るいです。


ダブルタイマントルが結構あるので、最近はこちらを使ってますが、
本当はコールマンの11型が好きなんですよね。



ダブルタイマントルのほうが、間違いなく持ちはよさそうですが。

コールマンのマントル11はなんか2種類あるんですよね。
きめ細かいのと荒いのと。
細かいほうが好みですが。


スポンサーサイト
Petromax(ペトロマックス) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/11/01 21:42
コメント
ホヤについて
ここでは、初コメです。
ペトロ購入したばかりでいろいろと勉強させて頂いてますが、レベルたけぇ~w
ステンレスホヤ興味あります!耐熱強化ガラスホヤって自分で作るかどっかの工房にオーダー出来ないのかな~?って思ったりしてますー。
Re: ホヤについて
まっちんさん
ペトロのホヤは薄いですよね。 自分も150, 500と割ってます。
コールマンの#4が若干サイズが小さいのですが(ミリ単位です)
使えます。 全然厚くてよさそうですよ。 日本でも普通に買えますし。

あと、この笑'sもいいのですが、米国のブライトライト社には
耐熱のオリジナル強化ホヤがあるようです。 まだ買ったことはないですが。
参考までに。

http://shop.britelyt.com/#anchor2




ここでは、初コメです。
> ペトロ購入したばかりでいろいろと勉強させて頂いてますが、レベルたけぇ~w
> ステンレスホヤ興味あります!耐熱強化ガラスホヤって自分で作るかどっかの工房にオーダー出来ないのかな~?って思ったりしてますー。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。