スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

Let's Note CF-S9 SSD換装

そろそろ飽きてもいいPCなんですが、止まりません。
なんか楽しい。 人生半分以上生きてきてまだはまれるものがあるとは。。

多分そろそろ飽きるでしょうが。

今回は動きが悪くなってきた奥さんのラップトップのパフォーマンスを上げるために
ハードディスクからSSDへの換装とWindows7 64bitへの変更です。

CF-S9IMG_1632.jpg

CF-S9IMG_1635.jpg

スペック的には結構いいのですが、なぜか遅い。 
一応目標はハードディスクをSSDへ換装して、Windows7 32biから64bit乗せ換え、で
メモリーを足す。と。

調べると、このモデルあたりからハードディスクの交換は結構簡単にできるようです。
あと増設だけならメモリーも簡単に増やせます。

問題は。。。Windows 32bitから64bitへの変更。
リカバリーデスクは32bit版のものしかありませんでした。

あと自作PCと違って、SSDを買って、Windowsも買って入れられるという簡単な
ものではないようです。 メーカーのしかもLaptopは。 ドライバーとかの関係で。

だけども世の中便利になったもので、Googleってものがあり、ちょっと調べると
いっぱい出てきます。

その諸先輩方のやり方を真似しました。 なるべくお金のかからない方法で。

とりあえず、現状のエクスペリエンスのスコアを見ておきましょう。

CF-S9IMG_1637.jpg

よくわかりませんが、7.9点満点で計算されるようです。 なぜ7.9?
まあ、いいや

上からCPU, メモリ,グラフィックス, ゲーム用グラフィックス, HDD
です。

このメモリとHDDのスコアを上げようという魂胆です。

で、Windows7 64biは。。。HDDから再インストールできました。
手順的には

1)HDDのバックアップをとる
2)Windows7 64bitを再インストール
3)システムバックアップ
4)リカバリーデスク作成
5)HDDからSSDへの換装
6)リカバリーデスクを使ってバックアップ
7)メモリー増設
9)バックアップしたファイルを戻す

ってとこですかね。 

ソフト使ってお引越しというのも有りだと思いますが、お金かけるのもなんだし。
まあ、これでできたので。


Windows7 64bitを再インストールして
CF-s9 EXP1


バックアップをつくり

CF-S9IMG_1646.jpg

HDDをSDDへ換装する。と

その前に、どうも元のHDDの容量がSDDより多いと、戻すときにエラーが出るようです。
なんで、パティションを切り分け Cドライブ、Dドライブとしておきました。
あとDドライブは未割り当てにしておかないとダメみたいです。

もともとのファイルや写真は別途バックアップを取ったので
ほとんどWindows 7だけなのですが、それでも20GBぐらいありましたね。

2度バックアップを取り直しました。笑

換装する前に分かって良かった。

で、ドスパラで買ってきましたよ。 SSDとHard Discケース。
Laptopなので120GBではなくて240GB 335にしようとも思ったのですが
奥さんのやつだし、時代はオンラインストレージですから。。

120GBでいいでしょう。 あとせっかくHDDが浮くのでそれを有効活用するために
ケース。 アルミのつや消しでかっこいいやつです。 USB3.0だし。


CF-S9IMG_1652.jpg

厚さが2種類ありましたけど。 
薄い方でした。

CF-S9IMG_1653.jpg

で、いよいよメインイベントの換装。
簡単です。

ひっくりかえして、バッテリーをはずし

CF-S9IMG_1656.jpg

ネジ2本をはずすと(小さいネジですのでなくさないよう。)

CF-S9IMG_1658.jpg

HDDのカバーが外れます。 

CF-S9IMG_1659.jpg

CF-S9IMG_1660.jpg

で、プラスティックの引っ張りを軽く引くと

出てきます。

あんまり引くと、このケーブルがやわそうなので、このあたりまで。
で、外します。

CF-S9IMG_1661.jpg

日立製の250GBだったかな?

CF-S9IMG_1662.jpg
CF-S9IMG_1663.jpg

この白い引っ張るプラスティックをSSDにも貼らないと次回なにかで交換するときに
えらい目にあるそうなので、一応そこらに転がっているもので
作りました。

肩こり用のロキソニンテープのプラと両面テープ。 笑
十分かと思っていたら、白いHDDについているプラスティックが
結構な粘着力だったので、横着してそれをサイド貼り付けました。


CF-S9IMG_1655.jpg


CF-S9IMG_1665.jpg

で押し込むと。

押し込むときには上からクッション材がたれて下がっているので、なにか薄いカードで
ガイドしてあげながらいれるといいみたいです。 すべてグーグル先生からの受け売りです。

CF-S9IMG_1666.jpg

換装自体はあっというまでしたね。 ありがとうグーグル先生。

で、Windows 7 64bitで作ったリカバリーデスクを挿入すると。
(もちろんDVDが1st bootになるようにBiosを設定する必要がありますが。)

オリジナルリカバリデスク。。印刷しましたよ。

CF-S9IMG_1667.jpg

ここからはトントン拍子。言わるがまま。

CF-S9IMG_1674.jpg

CF-S9IMG_1673.jpg

待っているあいだに、抜き出したHDDをケースにいれてポータブルHDDを作ります。
約2分で完成します。

CF-S9IMG_1675.jpg

CF-S9IMG_1679.jpg

このねじ回しだと無理ですが、磁石付きなので、結構重宝します。
手にもったら、多分落としてなくしてます。

CF-S9IMG_1678.jpg

で、無事なにもトラブルことなく完成。

メモリーは翌日でしたが、
一応。 超簡です。 鼻くそほじりながらできます。

開けて、刺す。 ただちょっと斜め方向にさして、押し下げる感じですね。

CF-S9IMG_1684.jpg

CF-S9IMG_1685.jpg

問題なく認識されました。
2+4で6GB なんか半端だ。 ただオンボードのメモリーを交換するには
ほぼ全分解しなければならないようなので、そこまでの根性はありません。

6GB十分です。

CF-s9 EXP2

で数値は。

CF-S9IMG_1687.jpg

上がっています。
メモリ 6.7, HDD(SSD) 7.7

数字もそうですが、まあ快適になりました。 早い。

SSDはHDDに比べても衝撃にも強いし発熱も少ないし、軽いし
早いしいい事だらけです。

書き込み回数に制限があるらしいですが、どうも気にすることもないみたいですね。

都合3台同じSSDを買っちゃいました。

ドスパラだと7000円台だったんだけど、さっきみたら8900円ぐらいになっていた?
値上げ? もう335へ移行するので、普通は売り切りのはずだけど。
335シリーズは容量が240GBしかないみたいだからかな?
欲しい人は早めがいいかもしれません。 ただすぐ値段動くから。





終わり。

こんなところでしょう。 PC関連は。

今年最後にもう一回キャンプ行きたかったけど、寒すぎですね。


スポンサーサイト
PC関連 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012/12/15 01:27
コメント
No title
昔は、レッツノートのHD交換は難義らしいことを記憶している。
・分解組み立てが玄人技(ほぼ全分解で、相当な時間が必要)
・電源がメーカー仕様でケーブル加工が必要

最近12インチノートPCが消えつつある。HD交換が簡単なTもFも低スペックに移行し、DVDドライブもなくなった。

レッツノート12インチ、この記事でHD(SSD)の簡単交換が確認できたことはありがたい。DVDドライブもついている。

時期インテルCPUをまって、今度はレッツノートが有力候補になった。


No title
めっちゃ参考にしました!ありがとうございました!よろぴー
No title
これを読んで換装しました。
とくにHDDの着脱部分が参考になりました。
有難うございました。
No title
休日出勤の片手間に、会社で換装作業してますw
とっても役に立ちました。
大感謝です、ありがとう!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。