神津島 天上山へ

今回の神津島のメインイベントは天上山へのハイキング

神津島CIMG0925

570m程度の低山ですが、見る限り結構きつそう。
高尾山ぐらいの高さですが、いきなり急登になります。

約1時間?もっとかな。2000m級の山の最後の急登がいきなりきます。
モチベーションを上げるためか、途中途中に1合目から10合目までの看板がたってて
ああ、いま5合目とか考えながら上ります。

ここは結構きついです。

そこをのぼりきると、あとはお散歩コースみたいな感じで、かなり楽ちんです。
横移動がおおいですね。

もう景色は最高にきれいでした。 天気もよくて、前日とは違い風もすくなく。

神津島CIMG0929

神津島CIMG0942

神津島CIMG0926

裏砂漠、表砂漠と山のてっぺんなのに砂地があります。

神津島CIMG0943

神津島CIMG0945

息子も友達と一緒だと泣き言言わず上っていきます。

神津島CIMG0962


全長は結構ながいので、いいとこどりで。
裏砂漠から、表砂漠、で一番高い三角点へ。 

山の上はいくつもピークが点在していて、全部上るのは結構疲れます。

ただ、自分だけ新東京百景とかいわれている、伊豆諸島が見渡せる場所へ走って
登ってきました。

結構きれいでしたね。さすがに。

神津島CIMG0967

利島、式根島、新島、大島と結構きれいに見えました。

神津島CIMG0969

そこから別ルートで、三角点のピークへ。
子供たちもよく頑張ってのぼっていましたね。

結構岩も大きくて、段差もきつかったのですが。

SCARPAの靴。 結構よかったです。 さすがアプローチシューズ。
岩場でもすべることなく、きっちりとグリップして。
もう一足色違いでも買おうかな。



神津島IMG_20130428_135136528


お宿に頼んで、おにぎり弁当を作ってもらって、頂上でお昼をたべてから、下山。
下山もやっぱり最後の急登を今度はおりるのですが、それがまたきつかった。

子供は走ってましたけどね。

翌日は砂浜遊びと釣り。
実は朝の4時から釣りにいったのですが、朝ご飯までの3時間。 ボウズでした。
だいたい海釣りがまったくわからないので、2000円ぐらいのロッドと餌釣り用の仕掛けを
適当につけているものだから、つれるわきゃないんですよね。

ただ一緒にいったNさんのおじいちゃんはルアーでアジを上げてました。

朝食を食べてから再度釣りにチャレンジ。
息子と奥さんも参加。

神津島CIMG1003

で、しばらくするとあたりが。。

神津島CIMG1001

名前はわからないのですが、通りがかりの人が。。。食べられそうと。
そのくらい? と思ったのですが。 さっぱりわからない。 魚の名前も。

あとはちょっと頑張ったのですが、結局この一匹だけ。
まあ釣れたからよしとしよう。

そのあとは島で昼食を唯一食べられる食堂へいってから、砂浜遊び。
ビーチフラッグ遊びで、子供を泣かしてました。 おとなげなく真剣にやったので。笑

神津島CIMG1006

で、あっという間の3泊が終わり、あとは帰るばかりです。
翌日の船は2時過ぎなので、午前中また遊んで。。。なんて思っていたのですが。

またもや強風。 しかも平日なので、午後の高速船が運休になってしまいました。
急遽午前中の高速船に振り替えてもらって、なんとか帰れることになったのですが。。

またもや。。。

君か。 虹号!
神津島CIMG1022

来るときは散々な目にあったけど。

神津島CIMG1027

なんておもっていながら乗り込んで、座ったとたん。
アナウンスが。。。

『故障の為、いったん下船ください。』と
30分ぐらいで治る予定ですとかいってましたが、こりゃだめだと実は思ってました。

虹め。 行きも帰りもか。

結局船はなおらず、大島から別の船がくることに。
1時間以上まって、やっときました。

手前が壊れている虹、やってきたのは夢号です。

神津島CIMG1032

なんやかんやで、やっと帰れます。 式根島、新島発の船はこの日はすべてキャンセルだったそうです。

この夢は大島経由東京の竹芝へ向かいます。
のって早々に寝ちゃったので、気づいたときにはすでに大島でした。

充実した3泊でしたね。 伊豆7島。 結構楽しかった。

夏はもうすでに予約でいっぱいみたいだけど、いつか来てみたいな。
海もきれいだし。食事もおいしいし。

神津島CIMG1019



スポンサーサイト
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/09 00:08
コメント

管理者のみに表示