スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

立山 雷鳥沢キャンプ場!①

今年の山キャンプは結構悩みました。
候補は2つ

白馬縦走 と 立山雷鳥沢

で、楽なほうを選びました。 

ただ、先週と同じく天気はぱっとせず、特に水曜全国的に雨マークでした。
雨の山ほど楽しくないものはなく、水曜日はとりあえず松本観光にしました。

raichouzawa1DSC_0162.jpg

安曇野の餃子を食べてから、歴史の勉強。
自分は2回目でしたが、奥さんと息子は初めて。

少しは勉強になったかな?

とまりは、クア・アンド・ホテル 信州健康ランド

お風呂入って、泳いで、ゆっくりごはん食べて、グーグー寝ました。笑。
ただ正解でした。 どんよりとした曇りから雨も降ってきて、山だったら身動き取れなかった。

で、翌日。 まあスカッとした天気ではありませんでしたが、一路扇沢へ向かいます。

目的地はとりあえず雷鳥沢キャンプ場。

9時前には扇沢につきました。
有料の駐車所と無料の駐車場がありますが、無料は。。。

raichouzawa1CIMG3556.jpg

raichouzawa1CIMG3555.jpg

結構埋まってます。 
人気ですね。

霧がすごいです。 先が思いやられます。

ここからは、バス、ケーブルカー、ロープウエイ、さらにバスと乗り継がなければなりません。
お金も結構かかります。

往復1万ぐらい。 時間は室堂までスムーズにいっても2時間ぐらいかかります。

raichouzawa1CIMG3560.jpg

9時のバスだったかな? 16分で黒部ダムです。 日本で唯一のトロリーバスだとか。

raichouzawa1CIMG3561.jpg

観光客に交じって、荷物抱えて乗り込みます。 あ、そうそう、10㎏を超える荷物は別途300円とられます。
ダムから室堂まで、さらに200円かかりますので、500円x2が往復かかります。

16分の深ーい歴史を感じながら、黒部ダムへ着くと。。。。

raichouzawa1CIMG3562.jpg

青空が。。

raichouzawa1CIMG3563.jpg

結構いい感じに。

raichouzawa1CIMG3564.jpg


テンション上がります。

ダムをわたって。。

観光放水を見ながら。
毎秒10トンってすごい量ですね。
高さもあって、足がすくむ感じです。

raichouzawa1IMG_0715.jpg

raichouzawa1IMG_0713.jpg

次の乗り物へ。 ケーブルカーですね。
1.3㎞ 7分の旅です。

raichouzawa1CIMG3570.jpg


raichouzawa1CIMG3571.jpg

ダムまでは結構気軽にこれますが、さすがにこの先に行こうって人は少なくなってきます。

スゲー急なんだけど。

で、ロープウエイ。
同じく7分。
このロープウエイは途中に支柱が一本もない、めずらしいものだとか。



raichouzawa1IMG_0720.jpg

raichouzawa1IMG_0717.jpg

次のバスに乗れば、いよいよ念願の室堂です。

raichouzawa1CIMG3572.jpg

9時に扇沢でバスにのってすでに1時間45分。
やっぱり2時間です。
ぜんぜん楽勝にきてもこれだけ時間がかかるので、紅葉の時期なんて
最悪だろうな。

最後のトロリーバスに乗って、下りれば室堂。

気温は。。。 8度? 真冬? 
間違いなく東京の真冬の気温ですね。しかも天気も曇りだし。


raichouzawa1IMG_0722.jpg

それでも雨じゃなきゃいいです。

降りると、立山側からの観光客も結構いて、にぎわってます。
ここから、雷鳥沢は下り1時間ぐらい。 

写真はホテル立山。
日本最高所のリゾートホテルだとか。

raichouzawa1CIMG3578.jpg

歩きやすいんだか、歩きにくいんだかっていう整備された道を歩きます。
整備されているんですが、石が敷き詰めてある歩道で、実は歩きにくかったりもします。

raichouzawa1CIMG3580.jpg

このあたりは温泉も豊富で雷鳥沢まで行く途中に3件ぐらい温泉がありました。

楽し気に歩いていくと、、、
マジですかって風景に。
本当に強力ですね。
持てるもんなんだ。


raichouzawa1CIMG3582.jpg

そんなこんなで、見下ろすと。。。
見えますしたよ。

雷鳥沢!

raichouzawa1CIMG3584.jpg

望遠でよってみました。
うーん。 いい感じ。

raichouzawa1CIMG3585.jpg

早くいこう。

raichouzawa1IMG_0726.jpg

つきました。 雷鳥沢。 
看板が「雷鳥沢野営場」になっていたので、そのままの名前を使いましたが。

raichouzawa1IMG_0730.jpg

で、受付する前に、テント張りました。
奥のほうに見えますが、アメニティドームが。。
しかもあとで分かったのですが、Lでした。 重そう。

まあ、そうはいっても一時間かからないぐらいの歩きなんで、その気になればなんでももってこれますね。

raichouzawa1CIMG3588.jpg

けど寒い。
夏でもダウン必須です。
お昼ご飯をたべて、しばらくすると。

raichouzawa1IMG_0729.jpg

なんか晴れてきた。

raichouzawa1IMG_0732.jpg

超うれしいかも。

raichouzawa1IMG_0737.jpg

スノーピークのHPでも雷鳥沢の写真があるけど、このへんかな。

raichouzawa1IMG_0735.jpg


いやあ、思いのほか天気もいいし、すいているし。 最高です。
本当はどこか軽く登ろうと考えていましたが、お昼ご飯たべて、まったりしちゃいました。

ここは一人一泊500円、二泊で1000円で、それ以上はお金とりません。ってシステムです。
3人で3000円。 管理人さんの小屋にはなにもおいてません。
ただお手洗いがあるだけ。

なにか買う場合は近くの雷鳥沢ヒュッテで買います。
あと、お風呂も入れます。 600円です。 毎晩通いました。
石鹸もシャンプーも使えます。 内湯は。

ただ、若い管理人さんが、「ひとつだけとても大事なことがあります」と
なにかなっと思って神妙に聞いてみると。

「熊が出没してます。」「食糧は必ずテントの中にしまってください。」とのことでした。
テントのなかじゃ怖いんじゃないかい? 
アメリカなんかでは、コンテナの中とか、木につるすとかのようですが。

まあそれでも、この人の多いキャンプ場には来ないでしょ。

raichouzawa1IMG_0739.jpg

そんなこんなで、雷鳥沢の1泊目が過ぎていきました。
明日は大日岳へ行ってみます。奥大日岳ですが。

raichouzawa1CIMG3604.jpg







スポンサーサイト
雷鳥沢野営場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/09/20 19:47
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。