スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

高尾山から相模湖へ

何回か行ったことがあるんだけど、6月のとある土曜日になにか思い立って、家族で高尾山を歩いてきました。

電車で高尾駅まで移動して、京王線の高尾山口駅へ
下から歩くか、横着しようか。。悩み。。ませんでした。
今回は縦走なので、ケーブルカーへ。
takao20160626_085126.jpg 
で、天気のいいなか、ゆっくりと山頂を目指します。
猿園を横目に見ながら。  昔息子が小さい時ここにきて見たなとか思い出に浸ります。
あと、やっぱり金毘羅山も思い出しますね。

結構慣れたもので、あっという間に山頂へ。

takao20160626_095424.jpg 

余裕です。
少し散策しながら、休憩を取りました。

takao20160626_095509.jpg 

で、ここが終点ではないので、この先へ進みます。
昔来た時はこの先に行く人はほとんどいなかったのですが、今はそれはそれは多いです。
ちょっとびっくりしちゃいました。

本当に以前(20年前ぐらい?)は進むのがさみしいくらいだったのですが、まあ結構な人数が
歩いていました。 季節かな?

これは山頂付近からの景色ですかね。

takao20160626_101513.jpg 

歩き初めてしばらくすると茶屋があるのですが、さすがに素通り

takao20160626_102325.jpg 

この辺、道が二手に分かれていて、どちらも目的地は同じなのですが、まったく記憶にないです。
むかしからあったかな?

takao20160626_101543.jpg 

すみません。 写真の順番が間違っているかもしれません。
すべて記憶なので。 校閲さんにお願いしたいくらいです。
茶屋の間にとった写真かもしれません。

目指すルートは小仏城山です。 そこから下って20号にでて、バスをつかまえるって
算段なのですが。 (笑) それでも3時間ぐらいの行程ですかね。
休憩等いれれば4時間から5時間です。 

takao20160626_111526.jpg 

うーん。 やばいくらいどこだかわかりません。
たぶんあっていると思います。 (写真の順番ね。)

で、もみじ台、一丁平を経て城山へ。
昼時の人気店でした。

takao20160626_121254.jpg 

takao20160626_121141.jpg

本当です。

自分たちはバーナー・カップ麺ですが。

あと、最後のしめに

かき氷 イチゴミルク。

takao20160626_121941.jpg 


城山から見えた景色ですかね。 すみません。 なんの情報にもならない。 泣
takao20160626_110504.jpg 

で、しばらく下って20号にでると、目の前をバスが。。。

もう走って追いかけました。 バス停はけっこう近くです。
結果。。まってもらいながらのセーフ

相模湖駅からJRで帰りました。
6月の天気のいいトレッキングでしたね。




キャンプ場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/11/03 11:27

四国最終日 シーサイドコリドール

ゆとりすとパークおおとよのあとは

祖谷渓から大歩危・小歩危へ

日本三奇橋のかずら橋。 有料です。

Marukome20160505_101345.jpg 

で祖谷渓の小便小僧
山道を結構走ります。
覗き込むとまあ怖い。 四国って大自然多くていいところ満載ですね。
ちょっと住みたくなりました。

Marukome20160505_113319.jpg 

で、大歩危・小歩危

一応船なんか乗りましたが、たいして面白くはないです。

Marukome20160505_122719.jpg 

一日遊んで、最後の宿泊は海沿いのシーサイドコリドールキャンプ場

MarukomeIMG_0627.jpg 

綺麗ないいキャンプ場でしたね。
空いていたので、サイトも海側の一番いいところでした。

MarukomeIMG_0628.jpg 

一泊だけなのがもったいない。
広いし、綺麗だし、こんなキャンプ場ってあまりないですね。
まあ、ワイルド感には欠けますが、リゾートキャンプです。

天気が今一つだったのですが、曇りで。
最後の四国を楽しみました。

翌日は・・・雨予報。。
だったので、早めに撤収しました。 
ぎりぎり雨の前に撤収できて、7時ぐらいからさぬきうどんへ。 またか。

さか枝さんへ。 おいしかったです。 やっぱり。

Marukome20160506_081052.jpg 

で、いよいよ四国を離れます。
帰り道は瀬戸大橋で。

奥さんがとった写真です。
一応。 念のため

MarukomeIMG_0632.jpg 

Marukome20160506_092110.jpg 

本州側のPAで休憩

で、宇野港まで。いって。 
さらにフェリーに乗りました。 (笑)

車は宇野港に止めて、空身で。

目的地は直島です。
ここも。。。知らなかった。

こんなのが、そこかしこにあります。
芸術の島ですね。

MarukomeIMG_0638.jpg 

MarukomeIMG_0635.jpg 

Marukome20160506_112226.jpg 

美術館巡りをして、雨の中観光もしつつ、再度フェリーで本州へ再上陸
で、家路へ。 遠かった。 
しかも雨だし。

ただ行きと違って、空いていたし、距離感もだいたい分かっていたので
耐えられました。

名古屋からは中央道へ。 やっぱり通いなれた?中央道のほうが楽です。
夕方岡山をでて、翌日ちょっと超えたぐらいに東京につきました。

初めて四国へ行きましたが、いいところで、こんなキャンプも良かったですね。

やっとGW書き終わりました。


蛇足ですが、家族全員モンベルのカッパを使っています。 このストームクルーザー ちょと高いですが、本当におすすめです。 軽いし、性能はモンベルのカッパのなかでもピカ一です。 回し者ではありません。

シーサイドコリドール | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/31 23:11

GW ゆとりすとパークおおとよ

ブログ。。。もう少し簡単にアップできればな。
写真は圧縮しなければならないし。

Facebookとかみんからなんてその場であげられるのに。。
言い訳いってますが。 やめたわけではないので。
頑張ってGWぐらいは終わらせないと今年も終わってしまいます。

なので。
GWも終盤。
大雨の高知の民宿のあとは、室戸岬を巡ってみました。

ジオパークから室戸岬
で、中岡慎太郎の像をみて、モネの庭?(奥さんの趣味で)

中岡慎太郎。
幕末を駆け抜けた一人ですね。

Marukome20160504_110804.jpg 

強風の室戸岬でちょっと休憩
Marukome20160504_105003.jpg

モネの庭。 モネの絵に似せて作った庭園です。

Marukome20160504_125410.jpg 

MarukomeIMG_0565.jpg

で、途中お祭りっぽいことをやっている場所があったんで、金目鯛とか
かったり、食事したりして、地元を楽しみました。

MarukomeIMG_0556.jpg

そのあとは、ゆとりすとパークおおとよ。
天空のキャンプ場です。

こちらも奥さんの予約ですが、雲が下に見えるようなキャンプ場で
綺麗でした。

ちなみに、↓の写真
ルーフラックをつけていますが、210cmの駐車場にぎりぎり入ります。
一応参考までに。 スキーに便利なので本当はボックスタイプをつけたいのですが。
高さがな。

Marukome20160504_190251.jpg 

Marukome20160504_190316.jpg 

Marukome20160504_155640.jpg

Marukome20160504_154517.jpg

こちらが、奥さんが朝6時に起きて取った雲海の写真
結構下に見えてます。

ちなみテントはおとなりさん。
空気が薄そうなキャンプ場でしたが、 いいキャンプ場でした。

MarukomeIMG_0584.jpg 

残すところ四国もあと一日。 (笑)






よとりすとパークおおとよ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/30 22:48

高知観光

四万十川でカヤックを楽しんだ後は再度ウエル花夢キャンプ場へ戻りゆっくり休みました。

翌日。 実はキャンプではなく民宿をおさえていました。
というのも、高知観光をするには、なかなかいいキャンプ場がなかったことも
ありましたが、一日ぐらいは布団でゆっくりしたいというのも。

で止まったのが、丸米旅館さん
お遍路さんがお泊りになることが多いようでしたが、結構ゆっくりできました。

その前に軽く高知観光を。
高知城ですね。
あの山内容堂公が暮らしていた?場所で、「おーい龍馬」で
天守から望遠鏡で下々の暮らしを眺めていたシーンが思い出されます。
(自分だけ?)

Marukome20160503_093132.jpg 

お堀には蓮の花がきれいに咲いてました。

MarukomeIMG_0519.jpg

そんなに大きくはないですが、やっぱり少し登ります。
今では考えられないですが、お城ってどこでも山の上にあったりして
暮らしづらいような気がします。

江戸時代って結構平和だったんじゃないでしょうかね。
攻めてくる人もいなかったろうに。

Marukome20160503_094029.jpg 

これが望遠鏡でみていただろう街並みです。見えないな。

Marukome20160503_100349.jpg 

Marukome20160503_100414.jpg

でお昼は近くのひらめ食堂へ。激混みでした。

 MarukomeHirame.jpg

人気のカツオのたたきとか唐揚げとか。
おいしかったですが。

まあ、混んでましたね。

MarukomeIMG_0525.jpg 

よくわからない写真ですが。 カツオを焼いてます。

MarukomeIMG_0524.jpg

あとは軽くまちを散歩して、坂本龍馬館へ。
じつは午後からは大雨予報。

民宿にしてよかった。
坂本龍馬記念館はよかったです。
龍馬好きには。

Marukome20160503_140005.jpg 


よるは民宿でまったり。
キャンプも楽しいですが、やっぱり布団はいいですね。

そとは暴風雨でしたが、なにも感じず、ストレスまったくなく。
この一日だけが雨でした。

民宿にして大正解。

明日は室戸岬を巡ってから、再度キャンプです。
旅も後半。

ってまだGWですが。
(笑)



キャンプ場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/31 21:26

四万十カヌー

翌日楽しみにしていたカヌー下りへ行ってきました。
正確にはカヤック下りですが。

カヌー館のキャンプ場です。 がらがら。
ここでよかった。 泣

shimanto20160502_084714.jpg 

かなりいい感じのキャンプ場です。
自前のカヤックを持ち込んでいる人もいましたね。

shimanto20160502_084720.jpg 

自分たちはガイド付きの8km下り。
一日コースです。

よく聞くと、午前中は練習。
食事してから、午後8Kmを川下りします。

川下りといってもかなりなだらかな下りなので、向かい風だと
結構大変です。

shimanto20160502_093749.jpg 

いい川ですね。
高知って桂浜、坂本龍馬とかが一番に思いつきますが、80%が自然の県って
いいですね。 住みたいです。

shimanto20160502_105050.jpg 

shimanto20160502_105052.jpg

午前中一回転覆しました。 (笑)
瀬を横切る練習をしたのですが、いつも乗っているインフレータブルと違って
転覆しやすいです。


まあ、暑かったし。丁度いいです。

shimanto20160502_120627.jpg 

午後ここから8km下ります。
この橋の下が一番の急流で、ちょっと怖い感じでした。

ガイドさんがいうには、急な瀬が3つあって、一番の難関が一番初めにでてくると。
どきどきしながら、カヌー館で食事しました。

カヌー館では軽食が食べれますので、便利でした。

で、午後の部へ。
ちょうどこの橋をわったところから出発します。

shimantoIMG_0479.jpg 

しょっぱなの瀬は。。。。
写真なんてありません。
そんな余裕はありませんでした。

自分と奥さんはなんとかこなしました。
奥さんはなぜか逆向きに下ってましたが。。。

息子は。。。沈。
カヤックと一緒に自分の目の前を流されていきました。

もちろんガイドさんに助けてもらいましたが。

shimanto20160502_135104.jpg 

そのあとの瀬は大したことなかったです。

あとは悠遊と。

shimanto20160502_155728.jpg 

途中休憩しながら、楽しみながら下りました。

shimantoIMG_0482.jpg 

shimantoIMG_0493.jpg 

shimantoIMG_0486.jpg 

shimantoIMG_0485.jpg 

8kmは結構あります。 しかも向かい風。
流されていくって感じじゃなかったですね。
結構漕ぎました。

いつも湖だったのですが、初めて川下りしました。
これはこれで、結構楽しい。
ちょっと高いけど。(値段がね)

最後はこの沈下橋で写真とって終わり。
バスでカヌー館まで戻ります。

おすすめです。 ぜひ四万十にいったらカヌー館へ。



shimanto20160502_155725.jpg 
shimanto20160502_155210.jpg


やっぱりカヤック買おうかな。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【 ARFEQ 】アルフェックボイジャー460T●送料無料●05P29Aug16
価格:253800円(税込、送料無料) (2016/8/29時点)


ウエル花夢 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/29 23:34
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。